VMkernel は、ESXi ホストで直接実行する高パフォーマンスのオペレーティング システムです。VMkernel は、メモリ、物理プロセッサ、ストレージ、ネットワーク コントローラなどの、ハードウェア上の物理リソースの大部分を管理します。

ストレージを管理するには、VMkernel にはパラレル SCSI、SAS、ファイバ チャネル、FCoE および iSCSI をはじめとするいくつかの HBA (ホスト バス アダプタ) をサポートするストレージ サブシステムがあります。これらの HBA は、VMkernel と使用するために認定されている広範なアクティブ-アクティブ、アクティブ-パッシブおよび ALUA ストレージ アレイに接続します。サポートされる HBA とストレージ アレイのリストについては、『vSphere Compatibility Guide』を参照してください。

VMkernel が使用するプライマリ ファイル システムは VMFS (VMware Virtual Machine File System) です。VMFS は仮想ディスクやスワップ ファイルなどの大きいファイルをサポートするために設計され最適化されたクラスタ ファイル システムです。VMkernel は NFS ファイル システムで仮想ディスクのストレージもサポートします。

ストレージ I/O パスは、デバイス エミュレーションによるストレージ デバイスへのアクセスを仮想マシンに提供します。このデバイス エミュレーションによって、仮想マシンは SCSI デバイスであるかのように VMFS または NFS ファイル システム上のファイルにアクセスできます。VMkernel は複数の仮想マシンおよびマルチパスからの I/O 要求のスケジュールなどストレージ仮想化機能を提供します。

さらに、VMkernel はストレージ パートナーが vSphere のために製品の統合および最適化することを可能にするいくつかの Storage API を提供します。

次の図は、ストレージ スタックに特別な注意を払い、VMkernel コアの基本を示しています。ストレージ関連のモジュールは、論理デバイス I/O スケジューラとアダプタ I/O スケジューラ レイヤー間に存在します。

図 1. VMkernel とストレージ
この図は、ストレージ スタックに特別な注意を払い、VMkernel コアの基本を示しています。