esxcli コマンドを使用して、診断パーティションが設定されているかどうかを確認します。

始める前に

vCLI をインストールするか、vSphere Management Assistant (vMA) 仮想マシンを導入します。Getting Started with vSphere Command-Line Interfaces を参照してください。トラブルシューティングするには、ESXi Shell で esxcli コマンドを実行します。

このタスクについて

手順中、--server=server_name で接続先サーバーを指定します。指定された接続先サーバーはユーザー名とパスワードの入力を促します。構成ファイルやセッション ファイルなど、他の接続オプションもサポートされています。接続オプションのリストについては、『Getting Started with vSphere Command-Line Interfaces』を参照してください。

手順

診断パーティションが設定されているかどうかを確認するために、パーティションをリストします。

esxcli --server=server_name system coredump partition list

タスクの結果

診断パーティションが設定されている場合、コマンドはそれに関する情報を表示します。そうでない場合、コマンドは有効化および構成されているパーティションがないことを表示します。

次のタスク

ホストの診断パーティションを管理するには、vCLI コマンドを使用します。vSphere コマンドライン インターフェイスの例 を参照してください。