vSphere はストレージ プロバイダを使用して、外部物理ストレージとストレージ抽象化を統合します。ストレージ プロバイダを使用すると、vSphere はリソースをより適切に把握し、包括的で意味のあるストレージ データを取得できます。vSphere は、仮想マシン用に定義するストレージ ポリシーに基づいたすべての要件をストレージに伝えることもできます。

ストレージ プロバイダとは、vSphere によって提供されるか、vStorage APIs for Storage Awareness (VASA)でサードパーティによって開発されたソフトウェア コンポーネントです。通常、サードパーティのストレージ プロバイダはストレージ側にインストールされ、vSphere 環境内の Storage Awareness サービスとして動作します。ESXi ホストおよび vCenter Server はストレージ プロバイダに接続し、利用可能なストレージのトポロジ、機能、およびステータスに関する情報を取得します。続いて、vCenter Server がこの情報を vSphere Web Client に提供します。この情報は、ストレージ ポリシー ベース管理(SPBM)で仮想ディスクの配置とコンプライアンスに関する決定を行うのに役立ちます。

ご使用のストレージがストレージ プロバイダのプラグインをサポートしているかの確認は、ストレージ ベンダーにお問い合わせください。

ストレージでサードパーティのストレージ プロバイダがサポートされている場合、vSphere Web Client を使用して、各ストレージ プロバイダ コンポーネントを登録および管理します。

通常、組み込みストレージ プロバイダは登録を必要としません。たとえば、Virtual SAN をサポートするストレージ プロバイダは、Virtual SAN を有効にすると自動で登録されます。詳細については、Virtual SAN の操作 を参照してください。