esxcli コマンドを使用して、特定のストレージ デバイスがシン プロビジョニングかどうかを検証します。

始める前に

vCLI をインストールするか、vSphere Management Assistant (vMA) 仮想マシンを導入します。Getting Started with vSphere Command-Line Interfaces を参照してください。トラブルシューティングするには、ESXi Shell で esxcli コマンドを実行します。

このタスクについて

手順中、--server=server_name で接続先サーバーを指定します。指定された接続先サーバーはユーザー名とパスワードの入力を促します。構成ファイルやセッション ファイルなど、他の接続オプションもサポートされています。接続オプションのリストについては、『Getting Started with vSphere Command-Line Interfaces』を参照してください。

手順

esxcli --server=server_name storage core device list -d=device_ID コマンドを実行します。

タスクの結果

次のシン プロビジョニングのステータスは、ストレージ デバイスがシン プロビジョニングであることを示します。

# esxcli --server=server_name storage core device list -d naa.XXXXXXXXXXXX4c naa.XXXXXXXXXXXX4c Display Name:XXXX Fibre Channel Disk(naa.XXXXXXXXXXXX4c) Size:20480 Device Type:Direct-Access Multipath Plugin:NMP --------------------- Thin Provisioning Status:yes Attached Filters:VAAI_FILTER VAAI Status:supported ---------------------

不明なステータスは、ストレージ デバイスがシックであることを示します。

注:

一部のストレージ システムは、デバイスがシンまたはシックのいずれにかかわらず、すべてのデバイスをシン プロビジョニングとして提供します。シン プロビジョニングのステータスは常に yes です。詳細は、ストレージ ベンダーにご確認ください。