ESXi によって、オペレーティング システムは SSD デバイスとして SSD データストア上にある VMDK を自動検出できます。

この機能が有効かどうかを検証するには、ゲストのオペレーティング システムは SCSI デバイスに SCSI VPD Page (B1h) および IDE デバイスに ATA IDENTIFY DEVICE (Word 217) などの標準的照会コマンドを使用できます。

リンクされたクローン、ネーティブのスナップショット、デルタ ディスクの場合には、照会コマンドによってベース ディスクのの SSD ステータスがレポートされます。

オペレーティング システムは、次の条件の下で VMDK を SSD として自動検出できます。

  • 仮想の SSD の検出は ESXi 5.x ホストおよび Virtual Hardware バージョン 8 以降でサポートされます。

  • 仮想の SSD の検出は VMFS5 以降についてのみサポートされます。

  • VMDK が共有 VMFS データストアに SSD デバイス エクステントとともに配置される場合には、すべてのホストでデバイスを SSD にマークする必要があります。

  • 仮想の SSD として VMDK を検出するには、すべての基盤となる物理エクステントを SSD バックにしてください。