ストレージ プロバイダでデータストアが表示されず、その機能がストレージ プロファイル ベースの管理システムに表示されない場合は、タグを使用してデータストアに関する情報をエンコードします。仮想マシンのストレージ ポリシーを定義するときに、これらのタグを参照できます。

このタスクについて

ストレージ情報を含む新しいタグをデータストアに適用できます。タグ、タグのカテゴリ、およびタグの管理方法の詳細については、『vCenter Server およびホスト管理』 ドキュメントを参照してください。

手順

  1. vSphere Web Client インベントリでデータストアに移動して参照します。
  2. 管理 タブをクリックし、タグ をクリックします。
  3. 新しいタグ アイコンをクリックします。
  4. vCenter Server ドロップダウン メニューで、タグを作成する vCenter Server インスタンスを選択します。
  5. タグの名前と説明を入力します。

    たとえば、Gold Storage などのストレージ レベルの広範囲な定義を指定したり、地理的な位置や管理グループなど、ストレージ プロバイダ経由でやり取りしないプロパティを示したりできます。

    タグのプロパティ

    名前

    Fault Tolerance

    説明

    2 TB を超える容量とフォールト トレランス機能を持つストレージ。

  6. カテゴリ ドロップダウン メニューで、既存のカテゴリを選択するか、新しいカテゴリを作成します。
  7. (オプション) : 新規のカテゴリを作成するには、次の手順に従います。
    1. 新しいカテゴリを選択してダイアログ ボックスを展開します。
    2. カテゴリ オプションを指定します。

      カテゴリ プロパティ

      カテゴリ名

      ストレージ カテゴリ

      説明

      ストレージに関連するタグのカテゴリ

      カーディナリティ

      オブジェクトあたりに多数のタグ

      関連付け可能なオブジェクト タイプ

      データストアおよびデータストア クラスタ

  8. OK をクリックします。

タスクの結果

新しいタグがデータストアに割り当てられます。

次のタスク

タグ ベースのルールをストレージ ポリシーに追加するときに、タグを参照できます。タグ ベースのルールの追加または編集 を参照してください。

データストアは、ポリシーを使用する仮想マシンに対して互換性のあるストレージ リソースのリストに表示されます。