ESXi は、さまざまな SAN ストレージ システムをさまざまな構成でサポートします。一般に、VMware では、ESXi とサポートされているストレージ システムとの、基本的な接続、HBA フェイルオーバーなどをテストします。

ESXi のすべての機能ですべてのストレージ デバイスが保証されるわけではありません。また、ベンダーによっては、ESXi を独自の方式でサポートしている場合があります。

基本的な接続

ESXi がストレージ アレイを認識し、動作するかどうかをテストします。この構成では、マルチパスまたはあらゆるタイプのフェイルオーバーは対象外です。

HBA フェイルオーバー

複数の HBA がサーバに搭載され、各 HBA は 1 つ以上の SAN スイッチに接続されます。サーバは、HBA およびスイッチの障害に対してのみ堅牢です。

ストレージ ポート フェイルオーバー

サーバは複数のストレージ ポートに接続され、ストレージ ポートの障害およびスイッチの障害に対して堅牢です。

SAN からの起動

サーバ自身ではなく、SAN 上で構成された LUN からホストを起動します。

直接接続

スイッチを使用しないでサーバをアレイに接続します。その他のすべてのテストで、ファブリック接続を使用します。FC アービトレート型ループ (AL) はサポートされません。

クラスタリング

仮想マシンで実行されている Microsoft Cluster Service を使用してシステムをテストします。