依存型ハードウェア iSCSI アダプタは、VMware が提供する iSCSI 構成インターフェイスおよび管理インターフェイスと、VMware ネットワークに依存するサードパーティ製アダプタです。

依存型 iSCSI アダプタの例として、Broadcom 5709 NIC が挙げられます。ホストにインストールされると、標準的なネットワーク アダプタと iSCSI エンジンの 2 つのコンポーネントを同じポートに提供します。ストレージ アダプタのリストで iSCSI エンジンは iSCSI アダプタ(vmhba)として表示されます。iSCSI アダプタがデフォルトでは有効になっていますが、機能させるためには、仮想の VMkernel アダプタ(vmk)から、関連付けられた物理的ネットワーク アダプタ(vmnic)に最初に接続する必要があります。これで、iSCSI アダプタを構成できます。

依存型ハードウェア iSCSI アダプタを構成したあとは、検出および認証データはネットワーク接続を通して渡されます。一方、iSCSI トラフィックは iSCSI エンジンを通して移動し、ネットワークをバイパスします。

依存型ハードウェア iSCSI アダプタの設定および構成はすべて、次の手順で行います。

  1. 依存型ハードウェア アダプタを確認します。

    vSphere Web Client での依存型ハードウェア iSCSI アダプタの表示 を参照してください。

    依存型ハードウェア アダプタがストレージ アダプタのリストに表示されない場合、ライセンスが必要かどうか確認する必要があります。ベンダーのドキュメントを参照してください。

  2. 依存型ハードウェア アダプタと物理 NIC との間の関連性を決定します。

    vSphere Web Client での iSCSI アダプタとネットワーク アダプタとの間の関連性の特定 を参照してください。

    対応する物理 NIC の名前を書き留めます。たとえば、vmhba33 アダプタは vmnic1 に対応し、vmhba34 は vmnic2 に対応します。

  3. iSCSI のネットワークを構成します。

    iSCSI ネットワークの設定 を参照してください。

    ネットワークの構成には、各物理ネットワーク アダプタ用に VMkernel インターフェイスを作成し、そのインターフェイスを適切な iSCSI アダプタと関連付ける処理が含まれます。

  4. ジャンボ フレームを有効にします。

    iSCSI でのジャンボ フレームの使用 を参照してください。

  5. 検出情報を構成します。

    iSCSI アダプタの検出アドレスの構成 を参照してください。

  6. CHAP パラメータを構成します。

    iSCSI アダプタの CHAP パラメータの構成 を参照してください。