使用可能なコア ダンプ パーティションのサイズが不十分な場合は、コア ダンプをファイルとして生成するように ESXi を構成できます。

始める前に

vCLI をインストールするか、vSphere Management Assistant (vMA) 仮想マシンを導入します。Getting Started with vSphere Command-Line Interfaces を参照してください。トラブルシューティングするには、ESXi Shell で esxcli コマンドを実行します。

このタスクについて

通常、ESXi 5.5 以降の新規インストールでのコア ダンプ パーティションは 2.5 GB です。以前のリリースから ESXi 5.5 へのアップグレードでは、ESXi のクラッシュでのコアダンプ パーティションは 100 MB に制限されています。多くの大規模システムでは、この制限された容量は不十分で、コアダンプ ログ ファイルが不完全になります。100 MB のパーティション制限を使用したアップグレードでは、起動プロセス中にシステムによってコア ダンプ ファイルが VMFS データストアに作成される可能性があります。コア ダンプ ファイルが作成されない場合は、そのファイルを手動で作成することができます。

注:

ソフトウェア iSCSI とソフトウェア FCoE は、コア ダンプ ファイルの場所としてサポートされていません。

手順

  1. 次のコマンドを実行して、VMFS データストア コア ダンプ ファイルを作成します。

    esxcli system coredump file add -d DATASTORE_UUID -f FILENAME

  2. 次のコマンドを実行して、ファイルが作成されたことを確認します。

    esxcli system coredump file list

    次のような出力が表示されます。

    Path                                             Active Configured Size
    ------------------------------------------------ ------ ---------- ---------
    /vmfs/volumes/52b021c3-.../vmkdump/test.dumpfile false  false      104857600
    

  3. ホストのコア ダンプ ファイルを設定します。

    esxcli system coredump file set -p /vmfs/volumes/DATASTORE_UUID/vmkdump/FILENAME

    例:

    esxcli system coredump file set -p /vmfs/volumes/52b021c3-f6b3da50-4c76-001d0904c5a5/vmkdump/test.dumpfile

  4. 次のコマンドを実行して、コア ダンプ ファイルがアクティブであり、構成されていることを確認します。

    esxcli system coredump file list

    次のような出力は、コア ダンプ ファイルがアクティブであり、構成されていることを示します。

    Path                                             Active Configured Size
    ------------------------------------------------ ------ ---------- ---------
    /vmfs/volumes/52b021c3-.../vmkdump/test.dumpfile True   True       104857600

次のタスク

コア ダンプ ファイルの管理で使用できるその他のコマンドの詳細については、『vSphere コマンドライン インターフェイスの参照』ドキュメントを参照してください。