ポインタ ブロック キャッシュの構成には VMFS の詳細パラメータを使用できます。

VMFS データストアにある仮想マシン ファイルのサイズが増加すると、それらのファイルで使用されるポインタ ブロック数も増加します。ポインタ ブロックは、VMFS データストアの大きい仮想マシン ファイルおよび仮想ディスクのファイル ブロックに対応するために使用されます。

ESXi ホストで、ポインタ ブロック キャッシュの最小サイズと最大サイズを構成できます。ポインタ ブロック キャッシュのサイズが構成された最大サイズに近づくと、新しいポインタ ブロックを読み込むことができるように、削除メカニズムによってキャッシュから一部のポインタ ブロック エントリが削除されます。

ポインタ ブロック キャッシュの最大サイズは、VMFS データストアに存在する、開いているすべての仮想ディスク ファイルの作業サイズに基づきます。ホストのすべての VMFS データストアは 1 つのポインタ ブロック キャッシュを使用します。

最小値は、システムでのキャッシュの割り当てに保証された最小メモリに基づきます。開いているファイルの容量が 1 TB の 場合、約 4 MB のメモリが必要です。

ポインタ ブロック キャッシュの最小値と最大値を構成するには、次のパラメータを使用します。

表 1. ポインタ ブロック キャッシュを制御するための詳細パラメータ

パラメータ

説明

VMFS3.MaxAddressableSpaceTB

デフォルト値は 32 (TB) です。

VMFS キャッシュでサポートされる、削除が開始されるまでの開いているすべてのファイルの最大サイズ。

VMFS3.MinAddressableSpaceTB

デフォルト値は 10 (TB) です。

VMFS キャッシュでサポートが保証される、開いているすべてのファイルの最小サイズ。

これらの詳細パラメータを構成する方法については、vSphere Web Client でのホストの詳細属性の設定 を参照してください。