クラスタの総負荷が低い場合に、ホストがパワーオフされません。

問題

HA フェイルオーバー予約用として追加のキャパシティが必要なため、クラスタの総負荷が低いと、ホストがパワーオフされません。

次の理由でホストをパワーオフできない場合があります。

  • MinPoweredOn{Cpu|Memory}Capacity 詳細オプション設定の条件を満たす必要がある。

  • 仮想マシンのリソース予約、仮想マシンとホスト間の DRS ルール、仮想マシン間の DRS ルール、DRS 非対応、使用可能なキャパシティを持つホストとの非互換が原因で、仮想マシンが少数のホスト上に統合できない。

  • 負荷が安定しない。

  • DRS で設定されている移行のしきい値が高すぎるため、必須の移行しか実行できない。

  • vMotion が構成されていないために実行できない。

  • パワーオフになっている可能性があるホスト上で DPM が無効になっている。

  • 仮想マシンとホストとで互換性がないため、仮想マシンをほかのホストへ移行できない。

  • ホストが Wake On LAN、IPMI、または iLO テクノロジーに対応していない。DPM がホストをスタンバイに切り替えるためには、このどちらかが必要です。

タスクの結果

クラスタの総負荷が低い場合に、ホストがパワーオフされない原因となっている問題を解決します。