vSphere Web Client で、テンプレートのワークフローからクローン作成またはデプロイを完了した後、仮想マシンがパワーオンしません。

問題

仮想マシンのクローンを作成またはテンプレートから仮想マシンをデプロイするとき、[終了準備の完了] ページで 作成後にこの仮想マシンをパワーオン チェックボックスを選択できます。ただし、作成時に仮想マシンが自動的にパワーオンしない場合があります。

仮想マシンのディスクが作成されたときに、スワップ ファイルのサイズが予約されていない。

手順

  • 仮想マシンに必要なスワップ ファイルのサイズを減らします。これは、仮想マシンのメモリ予約を増やすことで行えます。
    1. 仮想マシンを右クリックし、設定の編集 を選択します。
    2. 仮想ハードウェア を選択し、メモリ をクリックします。
    3. [予約] ドロップダウン メニューを使用して、仮想マシンに割り当てるメモリ量を増やします。
    4. OK をクリックします。
  • または、スワップ ファイルに使用されているデータストアのほかの仮想マシン ディスクを外に移動することで、スワップ ファイルに使用可能な容量を増やすことができます。
    1. vSphere Web Client オブジェクト ナビゲータで、データストアに移動して参照します。
    2. 関連オブジェクト タブを選択し、仮想マシン タブをクリックします。
    3. 移動する各仮想マシンごとに、仮想マシンを右クリックし、移行 を選択します。
    4. データストアの変更 を選択します。
    5. 仮想マシンの移行 ウィザードの手順に従って操作を行います。
  • 適切な領域があるデータストアにスワップ ファイルの場所を変更することでも、スワップ ファイルで使用可能な容量を増やすことができます。
    1. vSphere Web Client オブジェクト ナビゲータで、ホストに移動して参照します。
    2. 管理 タブを選択して、設定 をクリックします。
    3. 仮想マシンで、仮想マシン スワップファイルの場所 を選択します。
    4. 編集 をクリックします。
      注:

      ホストが、仮想マシンと同じディレクトリに格納されている仮想マシンのスワップ ファイルを指定するクラスタの一部である場合、編集 をクリックすることができません。[クラスタ設定] ダイアログ ボックスを使用して、クラスタのスワップ ファイルの場所のポリシーを変更する必要があります。

    5. 選択されたデータストア をクリックし、リストからデータストアを選択します。
    6. OK をクリックします。