ストレージ ベンダーが、RDM (ハードウェア バージョン 8) を使用した仮想マシンで、ESXi でキャッシュされた SCSI 照会データを無視することを要求する場合があります。

問題

RDM を使用した仮想マシンで実行している特定のゲスト OS またはアプリケーションが予期しない動作を示します。

この動作は、特定のゲスト OS およびアプリケーションが妨げられるキャッシュされた SCSI 照会データによって生じる可能性があります。

ESXi は、最初に SAN 上のターゲットのストレージデバイスに接続したときに、デバイスから基本的な識別データ を取得するために SCSI 照会コマンドを発行します。デフォルトでは、ESXi は受信した SCSI 照会データ (標準、ページ 80、およびページ 83) をキャッシュした後も、データは変更されません。

手順

.vmx ファイルに次のパラメータを追加することで、RDM を使用した仮想マシンが照会キャッシュを無視するように構成します。
scsix:y.ignoreDeviceInquiryCache = "true"

ここで、x は SCSI コントローラ番号、y は RDM の SCSI ターゲット番号です。

このパラメータは、ハードウェア バージョン 8 を使用した仮想マシン上でのみ構成可能であるため、パラメータを追加する前に仮想マシンをアップグレードします。

このパラメータは、ストレージ ベンダーが推奨する場合のみ有効にしてください。このパラメータは、ストレージ アレイの数が制限されている場合、および特定のゲスト OS の場合にのみ必要です。