ホストをパワーオンすることで、クラスタにキャパシティを追加するか、負荷の大きなホストを支援します。

問題

クラスタの総負荷が低い場合に、DRS がホストをパワーオンしてキャパシティを増やすことを推奨します。

このように推奨されるのは、次のような理由が考えられます。

  • クラスタが DRS-HA クラスタである。フェイルオーバーのキャパシティを増やすには、パワーオン状態のホストがさらに必要です。

  • 一部のホストの負荷が高すぎるため、現在パワーオン状態のホスト上の仮想マシンをスタンバイ モードのホストに移動して負荷を均一化する。

  • MinPoweredOn{Cpu|Memory}Capacity 詳細オプションの要件を満たすために、その分の容量が必要である。

タスクの結果

ホストを起動します。