vCenter Server は、Microsoft ADAM/AD LDS を使用してリンク モードを有効にします。リンク モードは、Windows RPC ポート マッパーを使用してレプリケーション用の RPC ポートを開きます。リンク モードに vCenter Server をインストールすると、ローカル マシンのファイアウォール構成を変更する必要があります。

始める前に

  • Windows のバージョンは、Windows Server 2008 以前のものである必要があります。Windows Server 2008 では、Windows はアクセスを許可するようファイアウォールを自動的に構成します。

  • vCenter Server リンク モード インスタンス間では、ネットワークベースのファイアウォールがあってはいけません。ネットワーク ベースのファイアウォールがある環境の場合は、選択したポートを開くことによるファイアウォール アクセスの構成 を参照してください。

このタスクについて

ファイアウォールの構成が間違っていると、インスタント間でライセンスとロールに矛盾が生じます。

手順

  1. スタート > ファイル名を指定して実行 を選択します。
  2. firewall.cpl を入力し、OK をクリックします。
  3. ファイアウォールが例外を許可するよう設定されることを確認します。
  4. 例外 タブをクリックします。
  5. プログラムの追加 をクリックします。
  6. C:\Windows\ADAM\dsamain.exe を例外に追加し、OK をクリックします。
  7. OK をクリックします。