分散ポート グループのフェイルオーバー NIC の順序を変更すると、グループに関連付けられた仮想マシンが外部ネットワークから切断する原因になります。

問題

たとえば、vSphere Web Client を使用して、vCenter Server の分散ポート グループのためにフェイルオーバー グループのアップリンクを再配置した後、ポート グループの一部の仮想マシンが外部ネットワークにアクセスできなくなります。

フェイルオーバー順序の変更後、複数の原因によって仮想マシンが外部ネットワークへの接続を失う可能性があります。

  • 仮想マシンを実行するホストに、アクティブまたはスタンバイに設定されたアップリンクに関連付けられた物理 NIC がない。ポート グループのホストから物理 NIC に関連付けられたすべてのアップリンクが未使用に移ります。

  • ホストからの物理 NIC を持たないリンク集約グループ (LAG) が、vSphere での LACP の使用要件に合わせて唯一のアクティブなアップリンクとして設定されている。

  • 仮想マシンのトラフィックが VLAN で分離されている場合、アクティブなアップリンク用のホストの物理アダプタは、これらの VLAN からのトラフィックを処理しない物理スイッチ上のトランク ポートに接続されている可能性がある。

  • ポート グループが IP ハッシュのロード バランシング ポリシーで構成されている場合、アクティブなアップリンク アダプタは EtherChannel に存在しない可能性がある物理スイッチのポートに接続される。

Distributed Switch の一元的なトポロジ ダイアグラムまたはホストのプロキシ スイッチ ダイアグラムから、ポート グループの仮想マシンの、関連付けられたホストのアップリンクおよびアップリンク アダプタへの接続性を調べることができます。

手順

  • ホストの単一の物理 NIC に関連付けられたアップリンクを使用して、フェイルオーバー順序をアクティブに復元します。
  • 同一の設定を持つポート グループを作成し、ホストに有効なアップリンク番号を使用するようにして、仮想マシン ネットワークをそのポート グループに移行します。
  • アクティブなフェイルオーバー グループに参加しているアップリンクに NIC を移動します。

    vSphere Web Client を使用してホストの物理 NIC を別のアップリンクに移動できます。

    • Distributed Switch 上で、ホストの追加と管理 ウィザードを使用します。

      1. vSphere Web Client で Distributed Switch に移動します。

      2. アクション メニューから ホストの追加と管理 を選択します。

      3. ホスト ネットワークの管理 オプションを選択して、ホストを選択します。

      4. ホストの NIC をアクティブなアップリンクに割り当てるには、物理アダプタの管理 オプションを選択し、物理アダプタの管理 ページで NIC をスイッチのアップリンクに関連付けます。

    • ホスト レベルで NIC を移動します。

      1. vSphere Web Client のホストに移動し、管理 の下で、ネットワーク をクリックします。

      2. 仮想スイッチ を選択し、分散プロキシ スイッチを選択します。

      3. 物理アダプタの管理 をクリックし、NIC をアクティブなアップリンクに移動します。