場合によっては、セカンダリ仮想マシンの CPU 使用率が、対応するプライマリ仮想マシンよりも高いことがあります。

問題

プライマリ仮想マシンがアイドル状態のときは、このプライマリ仮想マシンとセカンダリ仮想マシンの CPU 使用率の相対差が大きく見えることがあります。

セカンダリ仮想マシン上でのイベント (タイマー割り込みなど) の再現は、プライマリ仮想マシンでの記録よりも少し負荷が大きくなる可能性があります。このオーバーヘッドは小さいです。

タスクの結果

対処する必要はありません。実際の CPU 使用率を調べると、プライマリ仮想マシンまたはセカンダリ仮想マシンで消費されている CPU リソースはごくわずかであることが分かります。