vCenter Server をアップグレードする場合、Auto Deploy サーバを同時にアップグレードできます。アップグレードを延期すると、vSphere HA エージェントで問題が生じる可能性があります。

問題

vCenter Server をアップグレードすると、vCenter Server により各 ESXi ホストで vSphere HA エージェント (vmware-fdm) バージョン 5.0 が vSphere HA エージェント バージョン 5.1 以降に置き換えられます。Auto Deploy でプロビジョニングされたホストでは、ホストに状態が存在しないため置き換えは永続的ではありません。vCenter Server を使用できないと、ESXi ホストに正しい vSphere HA エージェントが存在せず、クラスタに参加できません。

Auto Deploy 5.0 サーバでは、FDM VIB がバージョン 5.1 以降に自動的にアップグレードされません。VIB を含む新しいイメージを作成しない限り、Auto Deploy は再起動後に FDM VIB バージョン 5.0 に戻ります。

タスクの結果

Auto Deploy サーバをアップグレードします。

Auto Deploy サーバをアップグレードできない場合は、vSphere PowerCLI に含まれている Image Builder PowerCLI cmdlet を使用して、新しい vmware-fdm VIB を含む ESXi 5.0 イメージ プロファイルを作成できます。そのイメージ プロファイルをホストで指定できます。

  1. PowerCLI プロンプトで、ESXi 5.0 ソフトウェア デポを追加し、新しい vmware-fdm VIB を含むソフトウェア デポを追加します。

    Add-EsxSoftwareDepot
    C:\Path\VMware-Esxi-5.0.0-buildnumber-depot.zip
    
    Add-EsxSoftwareDepot http://vcenter_server/vSphere-HA-depot
    
  2. 新しいイメージ プロファイルをホストに割り当てるルールを作成し、そのルールをルールセットに追加します。

    New-DeployRule -Name "Rule Name" 
    -Item "ImageName" 
    -Pattern "my host pattern"
    Add-DeployRule -DeployRule "Rule Name"
  3. ホストに対してコンプライアンスのテストと修復処理を実行して、ホストで vSphere HA エージェントを永続的に含めます。

    $result = Test-DeployRuleSetCompliance Host_list
    Repair-DeployRuleSetCompliance -TestResult $result