ESXi をインストールするか、Auto Deploy を使用してホストをプロビジョニングする場合、自動パーティショニング起動オプションを有効にして、ホスト上にパーティションを作成できます。自動パーティショニングでローカル SSD が VMFS としてフォーマットされないようにするためのオプションがいくつかあります。

問題

デフォルトで、自動パーティショニングを行うと、SSD ディスクを含む、ホスト上のすべての未使用ローカル ストレージ ディスクに VMFS ファイル システムがデプロイされます。

ただし、VMFS でフォーマットされた SSD は仮想フラッシュや Virtual SAN などの機能に使用できなくなります。両方の機能ではフォーマットされていない SSD が必要であり、いずれの機能も他のファイル システムとディスクを共有できません。

タスクの結果

自動パーティショニングを使用し、ローカル SSD がパーティショニングされないように保つには、ESXi をインストールするときか、ESXi ホストを初めて起動するときに、次の起動オプションを使用します。

  • autoPartition=TRUE

  • skipPartitioningSsds=TRUE

Auto Deploy を使用する場合、これらのパラメータを参照ホストに設定します。

  1. vSphere Web Client で、参照ホストとして使用するホストを選択し、管理 をクリックします。

  2. 設定 をクリックします。

  3. システム をクリックしてシステム オプションを開き、システムの詳細設定 をクリックします。

  4. VMkernel.Boot.autoPartition までスクロールし、値を true に設定します。

  5. VMkernel.Boot.skipPartitioningSsds までスクロールし、値を true に設定します。

  6. ホストを再起動します。

Flash Read Cache と Virtual SAN とともに使用する予定の SSD にすでに VMFS データストアがある場合、そのデータストアを削除します。