ホストのパフォーマンスが十分でないと感じられる場合は、QLogic または Emulex HBA のキューの最大深さを変更できます。

始める前に

vCLI をインストールするか、vSphere Management Assistant (vMA) 仮想マシンを導入します。Getting Started with vSphere Command-Line Interfaces を参照してください。トラブルシューティングするには、ESXi Shell で esxcli コマンドを実行します。

このタスクについて

キューの最大深さのパラメータを調整するには、vCLI のコマンドを使用します。

手順中、--server=server_name で接続先サーバーを指定します。指定された接続先サーバーはユーザー名とパスワードの入力を促します。構成ファイルやセッション ファイルなど、他の接続オプションもサポートされています。接続オプションのリストについては、『Getting Started with vSphere Command-Line Interfaces』を参照してください。

手順

  1. 次のコマンドの 1 つを入力して、現在ロードされている HBA モジュールを確認します。
    • QLogic の場合: esxcli --server=server_name system module list |grep qla

    • Emulex の場合: esxcli --server=server_name system module list |grep lpfc

  2. 適切なモジュールのキューの深さを調整します。
    注:

    例は QLogic qla2xxx および Emulex lpfc820 モジュールを示しています。前の手順の結果に基づいて、適切なモジュールを使用してください。

    • QLogic の場合: esxcli --server=server_name system module parameters set -m qla2xxx -p ql2xmaxqdepth=value

    • Emulex の場合: esxcli --server=server_name system module parameters set -m lpfc820 -p lpfc0_lun_queue_depth=value

  3. ホストを再起動します。
  4. 次のコマンドを実行して、変更を確認します。esxcli --server=server_name system module parameters list -m=module

    module は、lpfc820 や qla2xxx など、QLogic または Emulex のモジュールです。