仮想マシンが十分な CPU またはメモリ リソースを取得できません。

問題

仮想マシンの需要が、その仮想マシンのリソース確保量よりも大きい場合があります。この状態が発生すると、仮想マシンが十分な CPU またはメモリ リソースを取得できません。

次のセクションでは、仮想マシンの確保量に影響を与える要因を説明します。

クラスタが黄色または赤く表示される

クラスタが黄色または赤く表示されている場合は、クラスタのすべての仮想マシンおよびリソース プールに対して構成されたリソース予約を確保するための十分なキャパシティがありません。特定の仮想マシンがその予約分を受け取っていない可能性があります。クラスタのステータス (赤または黄色) を確認し、問題を解決してください。

リソース制限が厳しすぎる

仮想マシン、仮想マシンの親リソース プール、またはそのリソース プールの先祖に構成されているリソース制限に、過度に厳しいものがある可能性があります。需要が、構成されているすべての制限値以上であるかを確認してください。

クラスタに負荷がかかりすぎる

仮想マシンが動作しているクラスタに十分なリソースがない可能性があります。また、仮想マシンのシェア値が大きいため、それに比例してほかの仮想マシンに多くのリソースが供与されています。需要がキャパシティよりも大きいかどうかを特定するには、クラスタの統計情報を確認してください。

ホストに負荷がかかりすぎる

ホストのリソースが超過しているかどうかを特定するには、ホストの統計情報を確認してください。超過している場合は、DRS が、そのホストで現在動作している仮想マシンをほかのホストに移動しない原因を検討してください。この状況は次の理由によって発生することがあります。

  • 仮想マシン間の DRS ルールおよび仮想マシンとホスト間の DRS ルールに、現在の仮想マシンとホストとのマッピングが必要である。そのようなルールがクラスタで構成されている場合は、それらのルールの 1 つ以上を無効にすることを検討してください。次に DRS を実行し、状態が修正されているかどうかを確認します。

  • この仮想マシンまたはその他の仮想マシンを必要なだけ DRS で移動させて、キャパシティを確保することができません。次のいずれかが原因で、DRS によって仮想マシンの移動が実行されません。

    • DRS がその仮想マシンで無効になっている。

    • ホスト デバイスが仮想マシンにマウントされている。

    • いずれかのリソース予約が過度に大きいため、クラスタのほかのホストで仮想マシンを実行できない。

    • 仮想マシンに、クラスタ内のほかのホストとの互換性がない。

    これらの条件が仮想マシンに存在しているかどうか確認します。発生していない場合は、そのクラスタ内のほかの仮想マシンで発生している可能性があります。このような場合、DRS がクラスタを調整して仮想マシンの需要を解決することはできません。

  • DRS の移行のしきい値を小さく設定して、問題が解決されたかどうかを確認してください。

  • 仮想マシンの予約を増やします。

タスクの結果

仮想マシンが十分な CPU またはメモリ リソースを取得できない原因となっている問題を解決します。