DRS ルールは、仮想マシンが常駐すべき、あるいは常駐してはならないホスト、または同じホスト上に存在すべき、あるいは存在してはならない仮想マシンを指定します。

問題

仮想マシン間の DRS ルールまたは仮想マシンとホスト間の DRS ルールの違反があります。

仮想マシン間の DRS ルールでは、選択した仮想マシンを同一のホスト上 (アフィニティ) に配置するか、または仮想マシンを別々のホスト上 (非アフィニティ) に配置することを指定します。仮想マシンとホスト間の DRS ルールでは、選択した仮想マシンを特定のホスト上 (アフィニティ) に配置するか、特定のホスト上 (非アフィニティ) に配置しないかを指定します。

仮想マシン間の DRS ルールまたは仮想マシンとホスト間の DRS ルールに違反する場合、DRS はルールに基づいて仮想マシンの一部またはすべてを移動できないことがあります。その仮想マシン、アフィニティ ルール内のほかの仮想マシン、またはそれらの仮想マシンの親リソース プールの予約が原因で、DRS がすべての仮想マシンを同じホストに配置できない可能性があります。

タスクの結果

  • アフィニティ ルールに関連した障害については、DRS 障害パネルを確認してください。

  • アフィニティ ルールにおけるすべての仮想マシンの予約量合計を計算します。この値がどのホストの使用可能容量よりも大きい場合は、ルールの条件を満たすことはできません。

  • 親リソース プールの予約量合計を計算します。この値がどのホストの使用可能容量よりも大きい場合、リソースが 1 台のホストから取得されているのであれば、ルールの条件を満たすことはできません。