ベースラインおよびベースライン グループを使用するには、コンテナ オブジェクト、仮想マシン、仮想アプライアンス、またはホストなどの選択したインベントリ オブジェクトに添付する必要があります。Update Manager Client と Update Manager Web Client の両方から、ベースラインおよびベースライン グループを vSphere オブジェクトに添付できます。

ベースラインおよびベースライン グループは個々のオブジェクトに添付することもできますが、フォルダ、vApp、クラスタ、データ センターなどのコンテナ オブジェクトに添付する方がより効率的な方法です。各 vSphere オブジェクトは、その親コンテナ オブジェクトに添付されたベースラインを継承します。あるオブジェクトをコンテナから削除すると、そのオブジェクトから継承したベースラインは削除されます。

手順の詳細については、Update Manager Client の オブジェクトへのベースラインおよびベースライン グループの添付 または Update Manager Web Client でのオブジェクトへのベースラインおよびベースライン グループの添付 を参照してください。