Update Manager は、ハードウェアの最小要件を満たすあらゆるシステムで動作できます。

Update Manager のハードウェア最小要件は、Update Manager の導入方法によって異なります。Update Manager と同じマシンにデータベースをインストールする場合、メモリ サイズとプロセッサ速度に求められる条件が高くなります。許容可能なパフォーマンスを実現するには、システムがハードウェア最小要件を満たしていることを確認してください。

表 1. ハードウェア最小要件

ハードウェア

要件

プロセッサ

2 個以上の論理コアを持つ Intel または AMD の x86 プロセッサ(それぞれ速度が 2 GHz)

ネットワーク

10/100 Mbps

最良のパフォーマンスを得るには、Update ManagerESX/ESXi ホストの間にギガビット接続を使用します。

メモリ

2 GB RAM(Update ManagervCenter Server のマシンが異なる場合)

4 GB RAM(Update ManagervCenter Server のマシンが同一の場合)

Update Manager は、SQL Server または Oracle データベースを使用します。Update Manager と共有されるデータベースではなく、vCenter Server 専用のデータベースを使用し、定期的にデータベースをバックアップする必要があります。データベースは、Update Manager と同じコンピュータまたはローカル ネットワーク内のコンピュータに配置することがベスト プラクティスです。

導入の規模によって、Update Manager は、データベースの使用のために 1 か月ごとに最小限の空き容量を必要とします。容量の要件の詳細については、『VMware vSphere Update Manager Sizing Estimator』を参照してください。『VMware vSphere Update Manager Sizing Estimator』は、vSphere Update Manager ドキュメントページで入手できます。ページにあるドロップダウン メニューで、対象の Sizing Estimator のリリース バージョンを選択してください。