パッチおよび拡張機能のダウンロード元として共有リポジトリやインターネットを使用する代わりに、オフライン バンドルを使用して手動でパッチや拡張機能をインポートできます。

始める前に

インポートするパッチやエクステンションは ZIP 形式である必要があります。

パッチやエクステンションをインポートするには、ファイルのアップロード を保有していることを確認します。ユーザー、グループ、ロール、および権限の管理に関する詳細については、『vCenter Server およびホストの管理』を参照してください。Update Manager の権限およびその説明のリストについては、Update Manager の権限 を参照してください。

Update Manager が登録されている vCenter Server システムに vSphere Client を接続し、ホーム ページのソリューションおよびアプリケーションで Update Manager をクリックします。使用している vCenter Server システムが vCenter リンク モードの接続グループの一部である場合は、ナビゲーション バーで該当する vCenter Server システムの名前を選択して、使用する Update Manager インスタンスを指定する必要があります。

このタスクについて

オフライン バンドルは、ESX/ESXi 4.0 以降を実行しているホストでのみインポートできます。

手順

  1. 構成 タブで、設定の下の ダウンロード設定 をクリックします。
  2. ダウンロード ソース ペインの下部にある パッチのインポート をクリックします。
  3. パッチのインポート ウィザードの パッチ ファイルの選択 ページで、インポートするパッチが含まれている .zip ファイルを参照して選択します。
  4. 次へ をクリックし、ファイルのアップロードが正常に完了するまで待ちます。

    アップロードが正常に完了したあとで、インポートの確認ページが表示されます。

    アップロードが失敗した場合は、.zip ファイルの構造が正しいかどうか、または Update Manager のネットワーク設定が正しいかどうかを確認します。

  5. パッチのインポート ウィザードの インポートの確認 ページで、Update Manager リポジトリにインポートするように選択したパッチを確認します。
  6. 終了 をクリックします。

タスクの結果

Update Manager パッチ リポジトリにパッチがインポートされました。Update Managerパッチ レポジトリ タブで、インポートしたパッチを表示できます。