新規ベースライン ウィザードを使用して、ESX/ESXi ホスト アップグレード ベースラインを作成できます。ホスト ベースラインは、アップロード済みの ESXi 5.5 イメージを使用して作成できます。

ESXi イメージは、Update Manager の管理ビューにある ESXi イメージ タブからアップロードおよび管理できます。

Update Manager 5.5 では、ESXi 4.x、ESXi 5.0、および ESXi 5.1 から ESXi 5.5 へのアップグレードおよび ESX 4.x から ESXi 5.5 への移行をサポートします。Update Manager を使用して、ESX 3.x から ESX 4.x にアップグレードされたホストを ESXi 5.5 にアップグレードすることはできません。このようなホストには、/boot パーティションに Update Manager のアップグレード プロセスをサポートするための十分な空き容量がありません。代わりにスクリプトによるアップグレードまたはインタラクティブ アップグレードを使用してください。

ESXi イメージをアップロードする前に、当社の Web サイトまたは別のソースからイメージ ファイルを入手します。ESXi Image Builder CLI を使用すると、サードパーティ製の VIB を含んだカスタム ESXi イメージを作成できます。詳細については、『vSphere ESXi Image Builder CLI の使用』 を参照してください。

使用している vCenter Server システムが vCenter リンク モードの接続グループの一部であり、Update Manager インスタンスが複数ある場合は、そのグループにある別の vCenter Server システムが管理するホストに対して、アップロードしたホスト アップグレード ファイルおよび作成したベースラインを適用できません。アップグレード ファイルおよびベースラインは、選択した Update Manager インスタンス専用です。