仮想マシンと仮想アプライアンスは、手動ですぐに修正したり、都合の良いときに修正するようにスケジュール設定したりできます。

始める前に

Update Manager が登録されている vCenter Server システムに vSphere Client を接続します。使用している vCenter Server システムが vCenter リンク モードの接続グループの一部である場合は、ナビゲーション バーで該当する vCenter Server システムの名前を選択して、Update Manager インスタンスを指定します。

このタスクについて

仮想マシン ベースライン グループを使用して、組織的なアップグレードを実行できます。VMware Tools のアップグレード ベースラインが最初に実行され、続いて仮想マシンのハードウェアのアップグレード ベースラインが実行されます。

手順

  1. vSphere Client の ホーム ページで、仮想マシンおよびテンプレート を選択して Update Manager タブをクリックします。
  2. インベントリでコンテナ オブジェクトを右クリックして 修正 を選択します。

    同じコンテナ内の仮想マシンおよび仮想アプライアンスもすべて修正されます。

  3. 修正ウィザードの修正の選択ページで、適用するベースライン グループおよびアップグレード ベースラインを選択します。
  4. 修正する仮想マシンとアプライアンスをすべて選択し、次へ をクリックします。
  5. スケジュール設定ページで、タスクの名前と説明(説明は任意)を入力します。
  6. ただちに を選択してウィザードを完了した直後に修正処理を開始するか、パワーオン、パワーオフ、またはサスペンド状態の仮想マシン別に特定の時刻を入力します。
  7. (オプション) : 電源サイクル時の VMware Tools のアップグレードを行うかどうかを選択します。

    このオプションは、1 つの「ホストと整合するように VMware Tools をアップグレード」ベースラインを基準にしてアップグレードを行う場合にのみアクティブになります。修正ウィザードからは、電源サイクル時の VMware Tools のアップグレードを有効にすることはできますが、無効にすることはできません。Update Manager のコンプライアンス ビューの VMware Tools のアップグレード設定 ボタンをクリックして、VMware Tools アップグレード設定の編集 ウィンドウで仮想マシンのチェック ボックスを選択解除すると、この設定を無効にできます。

  8. (オプション) : ロールバック オプションを指定します。

    電源サイクル時に VMware Tools をアップグレードするように選択した場合は、このオプションは利用できません。

    1. 修正ウィザードのロールバック オプション ページで、ロールバックできるように、修正する前に仮想マシンのスナップショットを作成します を選択します。

      修正の前に仮想マシン (または仮想アプライアンス) のスナップショットが作成されます。仮想マシン (または仮想アプライアンス) のロールバックが必要になった場合は、このスナップショットに戻すことができます。

      Update Manager は、FT 対応の仮想マシンのスナップショットを作成しません。

      VMware Tools のアップグレードを実行し、電源サイクル時の VMware Tools のアップグレードを選択すると、Update Manager は選択された仮想マシンのスナップショットを修正前に作成しません。

    2. スナップショットを削除する時期を指定するか、スナップショットを削除しない を選択します。
    3. スナップショットの名前と説明 (説明は任意) を入力します。
    4. (オプション) : 仮想マシンのメモリのスナップショットを作成します チェック ボックスを選択します。
  9. 次へ をクリックします。
  10. 終了準備の完了ページの内容を確認して、終了 をクリックします。