仮想アプライアンスのアップグレード、ホストのパッチ、拡張機能、および関連するメタデータのダウンロードは、事前設定済みの自動処理で行われますが、その設定を変更することもできます。デフォルトでは、定期的に(間隔は設定可能)Update Manager が VMware またはサードパーティのソースに接続して、適用可能なアップグレード、パッチ、または拡張機能に関する最新情報(メタデータ)を収集します。

VMware は、ESX/ESXi ホストのパッチと仮想アプライアンスのアップグレードに関する情報を提供しています。

Update Manager は、次のタイプの情報をダウンロードします。

  • 該当するバージョンのホストがユーザーの環境内にあるかどうかに関係なく、すべての ESX/ESXi 4.x パッチおよび ESXi 5.x パッチに関するメタデータ。

  • サードパーティ ベンダーの URL アドレスからの、ESX/ESXi 4.x パッチと ESXi 5.x パッチおよび拡張機能に関するメタデータ。

  • ESX/ESXi 4.x ホストおよび ESXi 5.x ホストに関する通知、アラート、およびパッチのリコール。

  • 仮想アプライアンスのアップグレードに関するメタデータ。

すべての更新情報のダウンロードは、ディスク スペースやネットワーク バンド幅の観点から考えると、比較的負荷の低い操作です。定期的に更新されるメタデータを入手できるため、いつでもホストまたはアプライアンスのスキャン タスクを追加できます。

Update Manager は、ESX/ESXi 4.0 以降を実行しているホストのパッチのリコールをサポートしています。公開されたパッチに問題 (潜在的な問題も含む) がある場合、そのパッチがリコールされます。使用環境でホストをスキャンしたあと、リコールされたパッチがいずれかのホストにインストールされている場合、Update Manager からアラートを受け取ります。Update Manager では、リコールされたパッチをホストにインストールすることはできません。また、Update Manager は、Update Manager パッチ リポジトリからもリコールされたすべてのパッチを削除します。問題を解決するパッチが公開されると、Update Manager はパッチ リポジトリに新しいパッチをダウンロードします。ユーザーがすでに問題のあるパッチをインストールした場合、Update Manager は修正が公開されたことを通知し、さらに新しいパッチを適用することを求めるプロンプトを表示します。

たとえば、Update Manager がインターネット アクセスのない内部ネットワーク セグメントにデプロイされているため、アップグレード、パッチ、または拡張機能をダウンロードできない場合は、UMDS を使用して、UMDS がインストールされているマシンにデータをダウンロードし、保存する必要があります。UMDS でダウンロードした更新、パッチ、および拡張機能は、エクスポート後に Update Manager サーバで使用できます。

UMDS に関する詳細は、Update Manager Download Service のインストール、設定、および使用 を参照してください。

インターネット プロキシを使用して、アップグレード、パッチ、拡張機能、および関連するメタデータをダウンロードするように Update Manager を構成できます。

また、Update Manager が更新をダウンロードしたり通知を確認する時間間隔を変更できます。この手順の詳細な説明については、「アップデートのチェックの構成」および「通知確認の構成」を参照してください。

ソフトウェアの更新のタイプおよび関連する用語

Update Manager は、インターネットの格納場所または UMDC が作成した共有リポジトリから、ソフトウェアの更新およびメタデータをダウンロードします。ローカル ストレージ デバイスにあるオフライン バンドルやホストのアップグレード イメージを、ローカルの Update Manager リポジトリにインポートできます。

通知

1 つ以上の VIB のグループ。通知は、メタデータ内に定義されます。

格納場所

VIB と、オンラインに公開された関連するメタデータの論理グループ。

ホストのアップグレード イメージ

Update Manager リポジトリにインポートし、ESX/ESXi 4.x、ESXi 5.0、または ESXi 5.1ホストを ESXi 5.5 にアップグレードするのに使用できる ESXi イメージ。

拡張機能

任意のコンポーネントを ESX ホストに追加するために、VIB のグループを定義する通知。拡張機能は、通常サード パーティが提供するものであり、それらのパッチや更新に関わる責任は、そのサード パーティに委ねられます。

メタデータ

依存情報、テキスト形式の説明、システム要件、および通知を定義する追加データ。

オフライン バンドル ZIP

VIB および対応するメタデータを、オフラインでのパッチ適用に便利なパッケージにカプセル化したアーカイブ。ESX/ESXi 4.x、ESXi 5.0、またはESXi 5.1 ホストから ESXi 5.5 へのホスト アップグレードに、サードパーティのオフライン バンドルまたはカスタム VIB セットから生成したオフライン バンドルを使用することはできません。

パッチ

特定の問題の解消や機能の強化を目的に、1 つ以上の VIB をまとめた通知。

ロールアップ

ダウンロードと導入を行いやすいようにグループ化された一連のパッチ。

仮想アプライアンスのアップグレード

仮想アプライアンスに適用する更新。ベンダーは、アップグレードとみなします。

VIB

VIB は単一のソフトウェア パッケージです。