Update Manager にはデフォルトのベースラインが用意されています。これらを使用して、任意の仮想マシン、仮想アプライアンス、またはホストをスキャンし、環境内のホストに最新のパッチが適用されているかどうか、または仮想アプライアンスと仮想マシンが最新バージョンにアップグレードされているかどうかを判断できます。

重要度の高いホスト パッチ (事前定義済み)

重要度の高いパッチすべてに対する ESX/ESXi ホストのコンプライアンス状態をチェックします。

重要度の低いホスト パッチ (事前定義済み)

任意のパッチすべてに対する ESX/ESXi ホストのコンプライアンス状態をチェックします。

ホストと整合するように VMware Tools をアップグレード (事前定義済み)

ホスト上の最新バージョンの VMware Tools に対する仮想マシンのコンプライアンス状態をチェックします。Update Manager は、ESX/ESXi 4.0 以降を実行しているホスト上の仮想マシンに対する VMware Tools のアップグレードをサポートします。

ホストと整合するように仮想マシン ハードウェアをアップグレード (事前定義済み)

ホストがサポートする最新バージョンに対する仮想マシンの仮想ハードウェアのコンプライアンス状態をチェックします。Update Manager は、ESXi 5.5 を実行しているホスト上での、仮想ハードウェア バージョン vmx-10 へのアップグレードをサポートします。

仮想アプライアンスを最新版へアップグレード (事前定義済み)

最新の仮想アプライアンス リリースのバージョンに対する仮想アプライアンスのコンプライアンス状態をチェックします。