仮想マシンのアップグレード ベースラインと仮想アプライアンス ベースライン グループを組み合わせることができます。

始める前に

Update Manager が登録されている vCenter Server システムに vSphere Client を接続し、ホーム ページのソリューションおよびアプリケーションで Update Manager をクリックします。使用している vCenter Server システムが vCenter リンク モードの接続グループの一部である場合は、ナビゲーション バーで該当する vCenter Server システムの名前を選択して、使用する Update Manager インスタンスを指定する必要があります。

このタスクについて

注:

新規ベースライン グループ ウィザードにある 終了 を任意の時点でクリックしてベースライン グループを保存し、あとの段階でそこにベースラインを追加できます。

手順

  1. ベースラインおよびグループ タブで、ベースライン グループ ペインの上にある 作成 をクリックします。
  2. 新規ベースライン グループ ウィザードで、ベースライン グループのタイプから 仮想マシンおよび仮想アプライアンスのベースライン グループ を選択ます。
  3. ベースライン グループの名前を入力し、次へ をクリックします。
  4. アップグレードのタイプ (仮想アプライアンス、仮想ハードウェア、および VMware Tools) ごとに、ベースライン グループに含める使用可能なアップグレード ベースラインを 1 つ選択します。
    注:

    仮想アプライアンスのみを修正する場合は、仮想マシン用のアップグレードは無視されます。仮想マシンのみを修正する場合は、仮想アプライアンス用のアップグレードは無視されます。フォルダに仮想マシンと仮想アプライアンスの両方が含まれている場合は、オブジェクト タイプごとに適切なアップグレードが適用されます。

  5. (オプション) : アップグレード ページの一番下にある 新しい仮想アプライアンスのアップグレード ベースラインの作成 をクリックして 新規ベースライン ウィザードを完了することで、新しい仮想アプライアンス アップグレード ベースラインを作成します。

    新規ベースライン ウィザードを完了したら、新規ベースライン グループ ウィザードに戻ります。

  6. 次へ をクリックします。
  7. 終了準備の完了ページで 終了 をクリックします。

タスクの結果

新しいベースライン グループがベースライン グループ ペインに表示されます。