仮想アプライアンスは、仮想アプライアンス アップグレード ベースラインを使用してアップグレードします。事前定義済みの仮想アプライアンス アップグレード ベースラインを使用するか、またはカスタムの仮想アプライアンス アップグレード ベースラインを作成することができます。

始める前に

Update Manager が登録されている vCenter Server システムに vSphere Client を接続し、ホーム ページのソリューションおよびアプリケーションで Update Manager をクリックします。使用している vCenter Server システムが vCenter リンク モードの接続グループの一部である場合は、ナビゲーション バーで該当する vCenter Server システムの名前を選択して、使用する Update Manager インスタンスを指定する必要があります。

手順

  1. ベースラインおよびグループ タブで、ベースライン ペインの上にある 作成 をクリックします。
  2. ベースラインの名前と説明(説明は任意)を入力します。
  3. ベースラインのタイプで 仮想アプライアンス アップグレード を選択し、次へ をクリックします。
  4. アップグレード オプション ページで、ベンダー および アプライアンス の各オプションを、対応するドロップダウン メニューから選択します。

    これらのメニューに一覧表示されるオプションは、Update Manager リポジトリにダウンロードされている仮想アプライアンス アップグレードによって異なります。リポジトリにアップグレードがダウンロードされていない場合は、それぞれ すべてのベンダー および すべての製品 のオプションが使用できます。

  5. アップグレード先 ドロップダウン メニューからオプションを選択します。

    オプション

    説明

    最新版

    仮想アプライアンスを最新版にアップグレードします。

    特定のバージョン番号

    仮想アプライアンスを特定のバージョンにアップグレードします。このオプションは、特定のベンダーとアプライアンス名を選択した場合に使用可能になります。

    アップグレードしない

    仮想アプライアンスをアップグレードしません。

  6. ルールの追加 をクリックします。
  7. (オプション) : 複数のルールを追加します。
    1. 複数のルールの追加 をクリックします。
    2. 1 つまたはすべてのベンダーを選択します。
    3. 1 つまたはすべてのアプライアンスを選択します。
    4. 選択したアプライアンスに適用する アップグレード先 オプションを 1 つ選択して、OK をクリックします。

    同じ仮想アプライアンスに適用する複数のルールを作成した場合は、リスト中の最初の適用可能なルールのみ適用されます。

  8. (オプション) : 適用するルール内での競合を解決します。
    1. アップグレード ルールの競合 ウィンドウで、既存のルールを維持するか、新しく作成したルールを使用するか、競合を手動で解決するかを選択します。
    2. OK をクリックします。
  9. 次へ をクリックします。
  10. 終了準備の完了ページで 終了 をクリックします。

タスクの結果

新しいベースラインが、ベースラインおよびグループ タブのベースライン ペインに表示されます。