インベントリ内の仮想マシンの VMware Tools をアップグレードするプロセスを自動化できます。

始める前に

Update Manager が登録されている vCenter Server システムに vSphere Client を接続します。使用している vCenter Server システムが vCenter リンク モードの接続グループの一部である場合は、ナビゲーション バーで該当する vCenter Server システムの名前を選択して、Update Manager インスタンスを指定します。

このタスクについて

マシンのパワーオン時や再起動時に VMware Tools のバージョンを確認するように、Update Manager を設定することができます。必要に応じて、Update Manager は、仮想マシンを実行しているホストがサポートする最新のバージョンに VMware Tools をアップグレードします。

電源サイクル時に VMware Tools のアップグレードを実行する場合、Update Manager はその仮想マシンのスナップショットを作成しないため、以前のバージョンにロールバックすることはできません。

手順

電源サイクル時の VMware Tools のアップグレードを有効にするには、次のオプションのいずれかを使用します。

オプション

操作

VMware Tools のアップグレード設定

  1. vSphere Client の ホーム ページで、仮想マシンおよびテンプレート を選択して Update Manager タブをクリックします。

  2. インベントリから、仮想マシンまたはコンテナ オブジェクトを選択します。

  3. VMware Tools のアップグレード設定 をクリックします。

  4. VMware Tools アップグレード設定の編集 ウィンドウで、電源サイクル時の VMware Tools のアップグレードを有効にする仮想マシンのチェック ボックスを選択します。

  5. 適用 をクリックします。

電源サイクル時に VMware Tools をチェックしてアップデート

  1. vSphere インベントリでオブジェクトを右クリックして、設定の編集 を選択します。

  2. オプション タブで VMware Tools をクリックします。

  3. 詳細セクションで 電源サイクル時に VMware Tools をチェックしてアップグレード のチェックボックスを選択します。

  4. OK をクリックします。

タスクの結果

次回の仮想マシンの再起動またはパワーオン時に、Update Manager はマシンにインストールされている VMware Tools のバージョンを確認し、必要な場合はアップグレードを実施します。