ネットワーク接続が失われたため、またはサーバを再起動したために、Update Manager プラグインと Update Manager サーバまたは vCenter Server システムとの間の接続が停止することがあります。

問題

サーバの再起動中またはサーバの停止時に、Update Manager プラグインと Update Manager サーバまたは vCenter Server システムとの間の接続が停止します。このような場合、さまざまな現象が発生します。

  • Update Manager プラグインが再接続モーダル ダイアログを表示し、15 ~ 20 秒後にエラー メッセージが表示される。使用中の Update Manager サーバのプラグインが vSphere Client で非表示になる。

  • Update Manager プラグインが再接続モーダル ダイアログを表示する。15 ~ 20 秒以内にダイアログが非表示になり、プラグインが使用可能になる。

  • 停止した Update Manager サーバが登録されている vCenter Server システムを使用するように選択した場合、Update Manager プラグインが再接続モーダル ダイアログを表示し、15 ~ 20 秒間、新しく選択された Update Manager サーバへの再接続が試行される。

  • vSphere Client で、vCenter Server システムのすべてのタブが無効になる。Update Manager プラグインは無効になる。vCenter Server システムがもう一度使用可能になると、Update Manager プラグインは自動的に有効になる。

  • 使用中の Update Manager サーバが停止し、15 ~ 20 秒以上、使用できなくなる。

  • 使用中の Update Manager サーバが再起動され、サービスが 15 ~ 20 秒以内に使用できるようになる。

  • 現在使用中でない Update Manager サーバが停止する。

  • vCenter Server が停止する。

手順

  • Update Manager サーバが停止した場合は、Update Manager サービスを開始します。
    注:

    Update Manager プラグインは有効であるように見えますが、接続を復元したあと、プラグインを無効にしてから有効にする必要があります。

    接続グループの別の vCenter Server システムを使用するように選択した場合、この vCenter Server システムに登録されている Update Manager が実行中であれば、その Update Manager サーバで Update Manager プラグインが使用可能です。

  • Update Manager サーバが再起動されたら、Update Manager サービスが使用可能になるまで待ちます。
  • Update Manager サーバが停止した場合は、Update Manager サービスを開始します。
  • vCenter Server サービスが停止した場合は、vCenter Server サービスを開始します。