Update Manager Client には、管理ビューとコンプライアンス ビューという 2 つのメイン ビューがあります。

管理ビューにアクセスするには、vSphere Client のホーム ページにあるソリューションおよびアプリケーションの Update Manager アイコンを使用するか、Update Manager タブの 管理ビュー をクリックします。Update Manager Client の管理ビューでは、次のタスクを実行できます。

  • Update Manager の設定の構成

  • ベースラインおよびベースライン グループの作成と管理

  • Update Manager のイベントの表示

  • パッチ リポジトリおよび適用可能な仮想アプライアンスのアップグレードのレビュー

  • 通知の表示と確認

  • ESXi イメージのインポート

選択したインベントリ オブジェクトのコンプライアンス ビューの情報を表示するには、vSphere Client のホストおよびクラスタ インベントリ ビューまたは仮想マシンおよびテンプレート インベントリ ビューにある Update Manager タブをクリックします。Update Manager Client のコンプライアンス ビューでは、次のタスクを実行できます。

  • 選択した各インベントリ オブジェクトのコンプライアンス状態およびスキャン結果の表示

  • 選択したインベントリ オブジェクトからのベースラインおよびベースライン グループの添付および切り離し

  • 選択したインベントリ オブジェクトのスキャン

  • ホストへのパッチおよびエクステンションのステージング

  • 選択したインベントリ オブジェクトの修正

vCenter Server システムが vCenter リンク モードの接続グループの一部であり、複数の Update Manager インスタンスをインストールおよび登録している場合、各 Update Manager インスタンスの設定を構成できます。変更する構成プロパティは、指定した Update Manager インスタンスだけに適用されるもので、グループ内のほかのインスタンスには伝達されません。ナビゲーション バーで Update Manager インスタンスが登録されている vCenter Server システムの名前を選択すると Update Manager インスタンスを指定できます。

vCenter Server システムが vCenter リンク モードの接続グループの一部である場合は、ベースラインおよびベースライン グループを管理することも、Update Manager が登録されている vCenter Server システムによって管理されているインベントリ オブジェクトだけをスキャンおよび修正することもできます。