Update Manager は、一定の期間ごとに、仮想アプライアンスのアップグレード、ホスト パッチ、および拡張機能を確認します。一般には、デフォルトのスケジュール設定で十分ですが、使用している環境で確認の頻度を増やしたり減らしたりする必要がある場合は、このスケジュールを変更できます。

始める前に

アップデート データをダウンロードするには、Update Manager がインストールされているマシンがインターネットにアクセスできる必要があります。

Update Manager が登録されている vCenter Server システムに vSphere Client を接続し、ホーム ページのソリューションおよびアプリケーションで Update Manager をクリックします。使用している vCenter Server システムが vCenter リンク モードの接続グループの一部である場合は、ナビゲーション バーで該当する vCenter Server システムの名前を選択して、使用する Update Manager インスタンスを指定する必要があります。

このタスクについて

場合によっては、更新のためのチェック間隔を短縮することがあります。最新の更新をそれほど問題にしておらず、ネットワーク トラフィックを軽減したい場合、あるいは更新サーバにアクセスできない場合は、更新のチェック間隔を長くできます。

デフォルトでは、アップデート メタデータとバイナリをダウンロードするタスクは有効になっています。このタスクは、VMware vSphere Update Manager 更新ダウンロード タスクと呼ばれます。このタスクを変更して、アップデートの確認を構成できます。VMware vSphere Update Manager 更新ダウンロード タスクは、vSphere Clientスケジュール設定タスク ビューか、Update Manager Client の管理ビューの 構成 タブのいずれかで変更できます。

手順

  1. 構成 タブで、設定の下の ダウンロード スケジュール をクリックします。
  2. スケジュール設定されたダウンロードを有効にする チェック ボックスが選択されていることを確認します。
    注:

    このチェック ボックスを選択解除した場合は、アップデートを確認するスケジュール設定タスクが無効になります。ただし、構成 タブの ダウンロード設定 にある、今すぐダウンロード をクリックすると、アップデートの確認およびダウンロードを強制実行できます。

  3. 右上にある ダウンロードのスケジュールの編集 をクリックします。

    アップデートのダウンロードのスケジュール設定ウィザードが表示されます。

  4. タスクの名前と説明 (説明は任意) を指定するか、デフォルトの設定を使用します。
  5. 更新ダウンロードの 頻度開始時刻、および 間隔 を指定して、次へ をクリックします。
  6. (オプション) : 新しい更新がダウンロードされたときに通知する E メール アドレスを 1 つ以上指定し、次へ をクリックします。

    このオプションを有効にするには、vCenter Server システムのメール設定を構成する必要があります。

  7. 終了準備の完了ページで 終了 をクリックします。

タスクの結果

タスクが、指定した時間に応じて実行されます。