Update Manager を使用すると、vSphere インベントリを最新のパッチで最新の状態に維持できます。

アップデートおよびパッチの有無を確認する頻度の変更、動的パッチ ベースラインの作成、インベントリ内のオブジェクトへのベースラインの添付、定期的なスキャンとスケジュール設定された修正の実行によって、ホストおよび仮想マシンの vSphere インベントリを最新の状態に維持できます。

このワークフローでは、vSphere インベントリ内のホストと仮想マシンを最新のパッチで更新した状態を維持する処理の概要について説明します。

  1. パッチのダウンロード スケジュールを構成します。

    Update Manager は、一定の期間ごとにパッチの有無を確認します。パッチ データのチェックおよびダウンロードを行うスケジュールは変更できます。手順の詳細な説明については、アップデートのチェックの構成 を参照してください。

  2. 動的パッチ ベースラインを作成します。

    動的パッチ ベースラインの内容は、基準と一致する新しいパッチが入手可能になったときにアップデートされます。動的パッチ ベースラインの作成の詳細については、動的パッチ ベースラインの作成 を参照してください。

  3. コンテナ オブジェクトにベースラインを添付します。

    vSphere インベントリ内のオブジェクトをスキャンおよび修正するには、インベントリ内の選択したオブジェクトにベースラインを添付します。手順の詳細な説明については、オブジェクトへのベースラインおよびベースライン グループの添付 を参照してください。

  4. スキャンをスケジュール設定します。

    vSphere インベントリ内のホストの定期的なスキャンをスケジュール設定できます。手順の詳細な説明については、スキャンのスケジュール設定 を参照してください。

  5. ホストの修正のスケジュール。

    vSphere インベントリ内のホストの修正タスクを、都合のよい時間にスケジュール設定します。修正のスケジュール設定の詳細については、ホスト、仮想マシン、および仮想アプライアンスの修正のスケジュール設定を参照してください。