Update Manager を使用した vSphere オブジェクトのアップグレードおよびパッチまたは拡張機能の適用は、特定の順序で手順を実行しなければならない多段階処理です。推奨される処理に従うことで、システムのダウンタイムを最小限に抑えた円滑なアップデートが確実に行えます。

Update Manager の処理は、一連のパッチ、拡張機能、および仮想アプライアンス アップグレードに関する情報(メタデータ)のダウンロードから始まります。これらのパッチまたはエクステンションの 1 つ以上を集めてベースラインを作成します。ベースライン グループに複数のベースラインを追加できます。ベースライン グループは、競合のない一群のベースラインで構成される複合オブジェクトです。ベースライン グループを使用して、異なる種類のベースラインを組み合わせ、それらのベースラインすべてを使用してインベントリ オブジェクトを一括でスキャンし、修正できます。ベースライン グループに、アップグレードとパッチ ベースライン、またはアップグレードとエクステンション ベースラインが含まれている場合は、アップグレードが最初に実行されます。

仮想マシン、仮想アプライアンス、ESX/ESXi ホストまたは個々のインベントリ オブジェクトの集合体に対して、ベースラインまたはベースライン グループを使用して準拠をスキャンし、あとで修正できます。これらの処理は、手動またはスケジュール設定タスクにより開始できます。