Update Manager の設定を通じて、ベースライン、パッチ、アップグレードを管理するには、適切な権限が必要です。Update Manager の権限は、vSphere Client から各種ロールに割り当てることができます。

Update Manager の権限は、以下に示すように、さまざまな機能に対応しています。

表 1. Update Manager の権限

権限グループ

権限

説明

構成

サービスの設定

Update Manager サービスとスケジュール設定されたパッチのダウンロード タスクを設定できます。

ベースラインの管理

ベースラインの添付

vSphere インベントリのオブジェクトにベースラインおよびベースライン グループを添付できます。

ベースラインの管理

ベースラインおよびベースライン グループの作成、編集、削除を実行できます。

パッチおよびアップグレードの管理

修正およびパッチ、拡張機能、アップグレードの適用

仮想マシン、仮想アプライアンス、ホストを修正し、パッチ、拡張機能、アップグレードを適用できます。また、コンプライアンスの状態を表示できます。

適用可能なパッチ、拡張機能、アップグレードのスキャン

仮想マシン、仮想アプライアンス、ホストをスキャンし、適用可能なパッチ、拡張機能、アップグレードを検索できます。

パッチおよび拡張機能のステージング

パッチまたは拡張機能をホストにステージングできます。また、ホストのコンプライアンスの状態を表示できます。

コンプライアンス状態の表示

vSphere インベントリにある特定のオブジェクトのベースライン コンプライアンス情報を表示できます。

ファイルのアップロード

ファイルのアップロード

アップグレード イメージとオフライン パッチ バンドルをアップロードできます。

ユーザー、グループ、ロール、および権限の詳細については、「vSphere のセキュリティ」を参照してください。