ホストには、Cisco Nexus 1000V VEM や EMC PowerPath モジュールなどの、サードパーティ製ソフトウェアが含まれる場合があります。このようなホストを正しくアップグレードまたは移行するには、カスタム ESXi イメージを使用するか、修正中にサードパーティ製モジュールを削除する必要があります。

サードパーティ製ソリューションをホスト アップグレードの一部として直接移行することはできません。ESX/ESXi 4.x および ESXi 5.x 間のアーキテクチャの変更と、VIB の前方非互換性により、サードパーティ製コンポーネントが失われ、システムが不安定になる可能性があります。このような移行を行うためには、ESXi Image Builder CLI を使用してカスタム ISO ファイルを作成します。サードパーティ関連のカスタマイズを使用したアップグレードの詳細については、『vSphere Upgrade』ドキュメントを参照してください。カスタム ISO を作成するための ESXi Image Builder CLI の使用方法の詳細については、『vSphere のインストールとセットアップ』ドキュメントを参照してください。

インストール済みのサードパーティ製ソリューションは、Update Manager の修正ウィザードを使用して削除できます。

ESXi 5.0 ホスト、ESXi 5.1 ホストおよび ESXi 5.5 ホストは、バイナリ互換です。ESXi 5.0 ホストおよび ESXi 5.1 ホストにあるサードパーティ製ソフトウェア モジュールは、ESXi 5.5 にアップグレードした後も、サードパーティ製モジュールを削除することを選択したかどうかに関わらず、影響を受けません。

ESXi 5.0 ホストまたは ESXi 5.1 ホストを ESXi 5.5 ホストにアップグレードする場合は、ESXi インストーラ ISO に含まれない、ホスト上のサポートされているカスタム VIB が移行されます。ホストまたはアップグレード ISO イメージに、競合をもたらし、アップグレードを妨げる VIB が含まれる場合、エラー メッセージに競合している VIB が示されます。VIB を削除してアップグレードを再度実行するか、または ESXi Image Builder CLI を使用して競合を解決するカスタム .iso を作成します。

アップグレードまたは移行操作の前に、サードパーティ製ソフトウェアの潜在的な問題を見つけるには、アップグレード ベースラインを基準にしてホストをスキャンし、Update Manager のコンプライアンス ビューに表示されるスキャン メッセージを確認します。Update Manager でのホストのアップグレード スキャン メッセージ およびCisco Nexus 1000V が存在する場合の、ホストのアップグレード スキャン メッセージ を参照してください。