ベースライン グループを使用して、アップグレード ベースラインとパッチ ベースラインをまとめて適用し、1 つの修正操作でホストのアップグレードとアップデートができます。

1 つのアップグレード ベースラインを使用して、導入システムのすべての ESX/ESXi ホストをアップグレードできます。1 つのアップグレード ベースラインと複数のホスト パッチ ベースラインを含むベースライン グループを使用して、ホストに同時にパッチを適用できます。

このワークフローでは、vSphere インベントリ内のホストのアップグレードとパッチの適用を同時に行う方法について説明します。ホストをアップグレードして、パッチをフォルダ、クラスタ、またはデータ センター レベルでホストに適用できます。また、1 台のホストをアップグレードしてパッチを適用することもできます。このワークフローでは、コンテナ オブジェクトの複数のホストにパッチを適用してアップグレードする処理について説明します。

  1. Update Manager のホストおよびクラスタ設定を構成します。

    一部の更新の適用には、修正中にホストがメンテナンス モードに切り替わる必要がある場合があります。ホストをメンテナンス モードにできなかった場合の Update Manager の対応方法を設定する必要があります。クラスタ レベルで更新を適用するには、クラスタ設定も同様に構成する必要があります。Update Manager の設定は、Update Manager の管理ビューの 構成 タブから構成できます。Update Manager を使用したホストおよびクラスタ設定の構成に関する情報および詳細な手順については、ホストおよびクラスタの設定の構成 を参照してください。

  2. ESXi イメージ(ISO ファイルとして配布されたもの)をインポートし、ホスト アップグレード ベースラインを作成します。

    vSphere インベントリ内のすべてのホストをアップグレードできるよう、ESXi イメージをインポートする必要があります。ESXi イメージは、Update Manager の管理ビューにある ESXi イメージ タブからインポートできます。

    ESXi イメージのインポートの詳細な手順については、ホスト アップグレード イメージのインポートとホスト アップグレード ベースラインの作成 を参照してください。

  3. 固定ホスト パッチ ベースラインまたは動的ホスト パッチ ベースラインを作成します。

    動的パッチ ベースラインはパッチ セットを含み、使用可能なパッチとユーザーが指定した条件に従って自動的にアップデートされます。固定ベースラインには、新しいパッチのダウンロードに関係なく、選択したパッチのみが含まれます。

    Update Manager の管理ビューの ベースラインおよびグループ タブから、パッチ ベースラインを作成できます。固定パッチ ベースラインの作成の詳細については、固定パッチ ベースラインの作成 を参照してください。動的パッチ ベースラインの作成の詳細な手順については、動的パッチ ベースラインの作成 を参照してください。

  4. パッチ ベースラインおよび作成したホスト アップグレード ベースラインが含まれるベースライン グループを作成します。

    Update Manager の管理ビューの ベースラインおよびグループ タブから、ベースライン グループを作成できます。ホストのベースライン グループの作成の詳細については、ホスト ベースライン グループの作成 を参照してください。

  5. コンテナ オブジェクトにベースライン グループを添付します。

    使用する環境内のホストをスキャンして修正するには、まず修正するホストが含まれるコンテナ オブジェクトにホスト ベースライン グループを添付する必要があります。Update Manager のコンプライアンス ビューから、ベースライン グループをオブジェクトに添付できます。ベースライン グループの vSphere オブジェクトへの添付の詳細については、オブジェクトへのベースラインおよびベースライン グループの添付 を参照してください。

  6. コンテナ オブジェクトをスキャンします。

    選択したコンテナ オブジェクトにベースライン グループを添付したあとで、スキャンしてコンテナのホストのコンプライアンス状態を確認する必要があります。選択したオブジェクトは、手動ですぐにスキャンを開始できます。ホストを手動でスキャンする方法の詳細な手順については、手動による ESX/ESXi ホストのスキャンの開始 を参照してください。

    また、スキャン タスクをスケジュール設定することによって、都合のよい時間にコンテナ オブジェクトのホストをスキャンできます。スキャンのスケジュール設定に関する情報および詳細な手順については、スキャンのスケジュール設定 を参照してください。

  7. Update Manager Client のコンプライアンス ビューに表示されるスキャン結果を確認します。

    スキャン結果の表示に関する詳細な手順、およびコンプライアンス状態に関する情報については、vSphere オブジェクトのスキャン結果とコンプライアンス状態の参照 を参照してください。

  8. コンテナ オブジェクトを修正します。

    非準拠のホストを修正し、添付されたベースライン グループに準拠するようにします。パッチ、エクステンション、およびアップグレード ベースラインが含まれるベースライン グループを基準にしたホストの修正の詳細については、ベースライン グループを基準にしたホストの修正 を参照してください。

    修正中には、先にアップグレードが実行されます。アップグレードとパッチによるアップデートの両方が必要なホストでは、まずアップグレードされ、次にパッチが適用されます。アップグレードされるホストは、修正中に再起動し、一定の時間切断されることがあります。

    アップグレードの必要がないホストはパッチだけが適用されます。

コンテナ オブジェクト内のホストが、添付されたベースライン グループに準拠するようになります。