Update Manager のインストールおよびアップグレードに必要なデータベース権限のセットは、Update Manager の管理に必要な権限セットとは異なります。

Update Manager のインストールまたはアップグレード前に、データベース ユーザーに適切な権限を付与する必要があります。

表 1. Update Manager のインストールまたはアップグレードに必要なデータベースの権限

データベース

権限

Oracle

Update Manager Oracle データベース ユーザーに DBA ロールを割り当てる、または次の権限セットを付与します。

  • connect

  • execute on dbms_lock

  • create view

  • create procedure

  • create table

  • create sequence

  • create any sequence

  • create any table

  • create type

  • unlimited tablespace

Microsoft SQL Server

データベース ユーザーに、Update Manager データベースと MSDB データベースに対するsysadmin サーバ ロールまたはdb_owner 固定データベース ロールがあることを確認します。アップグレードには db_owner ロールが必要ですが、Update Manager のインストールまたはアップグレード時に SQL ジョブは作成されません。

Update Manager を実行するには、最小限の権限セットをデータベース ユーザーに付与する必要があります。

表 2. Update Manager の使用に必要なデータベース権限

データベース

権限

Oracle

Oracle データベース ユーザーに必要な最小限の権限は次のとおりです。

  • create session

  • create any table

  • drop any table

Microsoft SQL Server

データベース ユーザーに、Update Manager データベースと MSDB データベースに対するsysadmin サーバ ロールまたはdb_owner 固定データベース ロールがあることを確認します。