スマート リブートは、vApp 内の仮想アプライアンスおよび仮想マシンを選択して再起動することで、起動時の依存関係を維持します。修正後、vApp 内の仮想アプライアンスおよび仮想マシンのスマート リブートは有効または無効にできます。

始める前に

Update Manager が登録されている vCenter Server システムに vSphere Client を接続し、ホーム ページのソリューションおよびアプリケーションで Update Manager をクリックします。使用している vCenter Server システムが vCenter リンク モードの接続グループの一部である場合は、ナビゲーション バーで該当する vCenter Server システムの名前を選択して、使用する Update Manager インスタンスを指定する必要があります。

このタスクについて

vApp は、1 つ以上の仮想マシンおよびアプリケーションで構成される事前構成済みのソフトウェア ソリューションです。 1 つの構成単位として、あとで操作、保守、監視、およびアップデートすることも可能です。

スマート リブートは、デフォルトでは有効になっています。スマート リブートを無効にした場合、仮想アプライアンスおよび仮想マシンは、個々の修正要件に従って再起動されます。 この際、既存の起動時の依存関係は無視されます。

手順

  1. 構成 タブで、設定の下の vApp 設定 をクリックします。
  2. スマート リブートを無効にする場合は、修正後にスマート リブートを有効にする を選択解除します。