導入システムがインターネットに接続されている場合は、インターネットを使用して、ESX/ESXi パッチおよび拡張機能と、仮想アプライアンス更新を直接ダウンロードできます。

始める前に

Update Manager が登録されている vCenter Server システムに vSphere Client を接続し、ホーム ページのソリューションおよびアプリケーションで Update Manager をクリックします。使用している vCenter Server システムが vCenter リンク モードの接続グループの一部である場合は、ナビゲーション バーで該当する vCenter Server システムの名前を選択して、使用する Update Manager インスタンスを指定する必要があります。

手順

  1. 構成 タブで、設定の下の ダウンロード設定 をクリックします。
  2. ダウンロード元ペインで インターネットへの直接接続 を選択します。
  3. 更新タイプの横にあるチェック ボックスを選択または選択解除して、ダウンロードする更新のタイプを選択します。

    また、仮想アプライアンス アップグレード、ホスト パッチおよび拡張機能をダウンロードするかどうかを選択できます。デフォルトの ESX/ESXi パッチおよび拡張機能のダウンロード元の場所は編集できません。実行できるのは、ダウンロードの有効化または無効化だけです。

  4. (オプション) : 仮想アプライアンスまたは ESX/ESXi 4.0 以降を実行しているホストのその他のサードパーティ製のダウンロード元を追加します。
  5. Apply をクリックします。
  6. 今すぐダウンロード をクリックして、VMware vSphere Update Manager の更新ダウンロード タスクを実行します。

    構成 > 通知確認スケジュール または 構成 > ダウンロード スケジュールスケジュール設定されたダウンロードの有効化 チェックボックスがオンになっていない場合でも、すべての通知および更新がすぐにダウンロードされます。