Update Manager は、VMware vSphere に対する一元化されたパッチおよびバージョンの自動管理を実現し、VMware ESX/ESXi ホスト、仮想マシン、および仮想アプライアンスのサポートを提供します。

Update Manager を使用して、次のタスクを実行できます。

  • ESX/ESXi ホストのアップグレードとパッチの適用。

  • ホスト上にサードパーティ製ソフトウェアをインストールおよびアップグレード。

  • 仮想マシン ハードウェア、VMware Tools、および仮想アプライアンスのアップグレード。

Update Manager は、VMware vCenter Server にネットワーク接続する必要があります。Update Manager インストールは、それぞれ単一の vCenter Server インスタンスに関連付ける(登録する)必要があります。

Update Manager モジュールは、vCenter Server システムと同じコンピュータ、あるいは別のコンピュータにインストールできるサーバ コンポーネントと、クライアント コンポーネントで構成されています。vSphere Client 上で実行されている Update Manager Client と、vSphere Web Client 上で実行されている Update Manager Web Client があります。Update Manager Web Client を使用して vSphere インベントリ オブジェクトのスキャン結果やコンプライアンス状態を表示したり、Update Manager Client を使用して vSphere インベントリのパッチおよびバージョン管理を行うことができます。

使用している vCenter Server システムが vCenter リンク モードの接続グループの一部である場合に、各 vCenter Server システムに Update Manager を使用するには、それぞれの vCenter Server システムに Update Manager インスタンスをインストールして登録する必要があります。Update Manager インスタンスは、その Update Manager が登録されている vCenter Server システムでのみ使用できます。

Update Manager をインストールするには、Update Manager のインストール先となるコンピュータに対して Windows 管理者認証情報を持っている必要があります。

インターネットに接続していない安全なネットワーク上に Update Manager を導入できます。このような場合は、VMware vSphere Updage Manager ダウンロード サービス(UMDS)を使用して、更新メタデータと更新バイナリをダウンロードできます。