ホスト パッチの適用は、Update Manager が VMware ESX/ESXi ホスト パッチまたはサードパーティ製のパッチ (Cisco Distributed Virtual Switch など) を vSphere インベントリの ESX/ESXi ホストに適用するプロセスです。

Update Manager がホスト パッチ、パッチ メタデータ、パッチ バイナリをダウンロードできるように、Update Manager のネットワーク接続設定、パッチ ダウンロードのソースおよびスケジュール、プロキシ設定を構成する必要があります。詳細については、Update Manager の構成 を参照してください。

ホスト パッチの適用操作 (スキャン、ステージング、修正) 中に、Update Manager イベントから操作の状態に関する情報を確認できます。また、Update Manager リポジトリで使用できるホスト パッチも確認できます。

このワークフローでは、vSphere インベントリのホストにパッチを適用する処理について説明します。パッチは、フォルダ、クラスタ、またはデータ センター レベルでホストに適用できます。また、1 台のホストにパッチを適用することもできます。このワークフローでは、コンテナ オブジェクトの複数のホストにパッチを適用する処理について説明します。

  1. Update Manager のホストおよびクラスタ設定を構成します。

    一部の更新の適用には、修正中にホストがメンテナンス モードに切り替わる必要がある場合があります。ホストをメンテナンス モードにできなかった場合の Update Manager の対応方法を設定する必要があります。クラスタ レベルで更新を適用するには、クラスタ設定も同様に構成する必要があります。Update Manager の設定は、Update Manager の管理ビューの 構成 タブから構成できます。Update Manager を使用したホストおよびクラスタ設定の構成に関する情報および詳細な手順については、ホストおよびクラスタの設定の構成 を参照してください。

  2. 固定ホスト パッチ ベースラインまたは動的ホスト パッチ ベースラインを作成します。

    動的ベースラインのパッチ データは、Update Manager が新しいパッチをダウンロードするたびに、指定した条件に応じて変わります。固定ベースラインには、新しいパッチのダウンロードに関係なく、選択したパッチのみが含まれます。

    Update Manager の管理ビューの ベースラインおよびグループ タブから、パッチ ベースラインを作成できます。固定パッチ ベースラインの作成の詳細については、固定パッチ ベースラインの作成 を参照してください。動的パッチ ベースラインの作成の詳細な手順については、動的パッチ ベースラインの作成 を参照してください。

  3. スキャンまたは修正するホストが含まれるコンテナ オブジェクトにパッチ ベースラインを添付します。

    コンテナ オブジェクトは、フォルダ、クラスタ、またはデータ センターです。Update Manager の準拠ビューから、ベースラインおよびベースライン グループをオブジェクトに添付します。vSphere オブジェクトへのベースラインおよびベースライン グループの添付の詳細については、オブジェクトへのベースラインおよびベースライン グループの添付 を参照してください。

  4. コンテナ オブジェクトをスキャンします。

    選択したコンテナ オブジェクトにベースラインを添付したあとで、スキャンしてコンテナのホストのコンプライアンス状態を確認する必要があります。選択したオブジェクトは、手動ですぐにスキャンを開始できます。ホストを手動でスキャンする方法の詳細な手順については、手動による ESX/ESXi ホストのスキャンの開始 を参照してください。

    また、スキャン タスクをスケジュール設定することによって、都合のよい時間にコンテナ オブジェクトのホストをスキャンできます。スキャンのスケジュール設定に関する情報および詳細な手順については、スキャンのスケジュール設定 を参照してください。

  5. Update Manager Client のコンプライアンス ビューに表示されるスキャン結果を確認します。

    スキャン結果の表示に関する詳細な手順、およびコンプライアンス状態に関する情報については、vSphere オブジェクトのスキャン結果とコンプライアンス状態の参照 を参照してください。

  6. (任意) 添付されるベースラインのパッチを、アップデートするホストにステージングします。

    パッチは、適用前にステージングし、Update Manager サーバからホストにコピーできます。パッチのステージングを行うと、修正時間が短縮され、修正中のホストのダウンタイムが最小化されます。パッチおよびエクステンションのホストへのステージングの詳細な手順については、ESX/ESXi ホストへのパッチおよびエクステンションのステージング を参照してください。

  7. コンテナ オブジェクトを修正します。

    非準拠のホストを修正し、添付されたベースラインに準拠するようにします。パッチ ベースラインまたはエクステンション ベースラインを基準にしたホストの修正の詳細については、パッチ ベースラインまたはエクステンション ベースラインを基準にしたホストの修正 を参照してください。

パッチのステージングおよび修正中に、Update Manager はスキャン前およびスキャン後の操作を実行します。修正が完了したあとで、添付されたベースラインを基準にしたホストのコンプライアンス状態がアップデートされ準拠した状態になります。