Update Manager 5.1 リリース以降では、それより前の Update Manager インスタンスとは異なる方法で ESXi 5.x ホストのアップグレードを行います。

ホスト スキャンを実行すると、ターゲット ホストをアップグレード イメージの VIB セットを基準にスキャンします。Update Manager 5.0 以前では、ターゲット ホストと同じバージョンの ISO イメージを含むアップグレード ベースラインを基準にホストをスキャンすると、Update Manager はコンプライアンス状態が 「互換性なし」 であること、および修正が不可能であることを示します。Update Manager 5.5 で、VMware が配布する ESXi 5.5 の基本イメージ、またはターゲット ホストにすでにインストールされている VIB セットと同じ VIB セットを含むカスタム ESXi 5.5 イメージを基準に ESXi 5.5 ホストをスキャンすると、Update Manager はスキャンの結果として「準拠」を表示します。Update Manager 5.5 では、追加 VIB またはカスタム VIB を含む ESXi 5.5 に ESXi 5.5 ホストをアップグレードする際に ESXi 5.5 ISO イメージを使用できます。

ESXi 5.5 イメージを基準にして ESXi 5.x ホストをスキャンおよび修正する状況がいくつかあります。5.x バージョンの ESXi ホストはすべてバイナリ互換です。ESXi 5.x ホストにあるサードパーティ製ソフトウェア モジュールは、ESXi 5.5 にアップグレードした後も、サードパーティ製モジュールを削除するオプションを選択したかどうかに関わらず、影響を受けません。異なる ESXi 5.x のホストはバイナリ互換であるため、ESXi 5.5 のスキャン操作および修正操作の結果は同じになります。

ESXi 5.0 ホストおよび ESXi 5.1 ホストから ESXi 5.5 イメージへの修正処理は、アップグレード処理であるといえます。追加 VIB を含む ESXi 5.5 イメージを使って ESXi 5.5 ホストを修正する処理はパッチ処理に相当します。

表 1. ESXi 5.x ホストを ESXi 5.5 イメージを基準にスキャンおよび修正する場合

操作

説明

ターゲット ホストとの競合がなく廃止されていない追加 VIB を含む ESXi 5.5 イメージを基準にした ESXi 5.x ホストのスキャンおよび修正。

Update Manager は、スキャンの結果として「非準拠」を表示します。修正は成功します。ターゲット ホストの修正前の VIB すべてがホストに残ります。修正前にターゲット ホストに存在しなかったアップグレード イメージのすべての VIB がホストに追加されます。

ターゲット ホストの VIB より新しいバージョンの VIB を含む ESXi 5.5 イメージを基準にした ESXi 5.x ホストのスキャンおよび修正。

Update Manager は、スキャンの結果として「非準拠」を表示します。修正は成功します。ターゲット ホスト上の VIB は新しいバージョンにアップデートされます。

ターゲット ホストと競合する VIB を含む ESXi 5.5 イメージを基準にした ESXi 5.x ホストのスキャンと修正。

Update Manager は、スキャンの結果として「互換性なし」を表示します。修正は失敗します。ホストはそのままです。

ベンダのタグ付き VIB を含む ESXi 5.5 イメージを基準にした ESXi 5.x ホストのスキャンと修正。

  • ベンダのタグ付き VIB がホストのハードウェアと一致しない場合、Update Manager はスキャンの結果として「互換性なし」を表示します。修正は失敗します。

  • ベンダのタグ付き VIB がホストのハードウェアと一致する場合、Update Manager はスキャンの結果として「非準拠」を表示し、修正は成功します。

ホストにインストールされている VIB を廃止する新しい VIB を含む ESXi 5.5 イメージを基準にした ESXi 5.x ホストのスキャンと修正。

修正は成功します。修正前にターゲット ホストにインストールされているすべての VIB が ESXi イメージの新しい VIB に置換されます。