高可用性用の vCenter Single Sign-On インストールで最初のノードをアップグレードします。

始める前に

  • vCenter Server アップグレードの前提条件を確認します。

このタスクについて

注:

IP アドレスが IPv4 に準拠している場合のみ、vCenter Server 5.5 は vCenter Server と vCenter Server コンポーネント間の IP アドレスによる接続をサポートします。IPv6 環境で vCenter Server システムに接続するには、vCenter Server の完全修飾ドメイン名 (FQDN) またはホスト名を使用する必要があります。ベスト プラクティスは、IP アドレス(DHCP によって割り当てられた場合に変わる可能性がある)の代わりに FQDN(すべてのケースで機能する)を使用することです。

vCenter Single Sign-On の詳細については、 vCenter Single Sign-On が vCenter Server アップグレードに与える影響 および『vSphere セキュリティ』ドキュメントを参照してください。

手順

  1. ソフトウェアのインストール ディレクトリで autorun.exe ファイルをダブルクリックし、インストーラーを起動します。
  2. カスタム インストールで、vCenter Single Sign-On を選択して インストール をクリックします。
  3. インストール ウィザードに表示される指示に従って、インストーラの言語を選択し、エンド ユーザー特許協約およびエンド ユーザー使用許諾契約に同意します。
  4. vCenter Single Sign-On 管理者アカウントのパスワードを入力します。
  5. Install をクリックします。

タスクの結果

最初の高可用性 vCenter Single Sign-On のノードがアップグレードされます。

vCenter Single Sign-On をインストールまたはアップグレードすると、次のデフォルトのアイデンティティ ソースおよびユーザーが使用できるようになります。

localos

すべてのローカル オペレーティング システム ユーザー。これらのユーザーには、vCenter Server の権限を付与できます。アップグレードする場合、すでにユーザーに付与されている権限は保持されます。

vsphere.local

vCenter Single Sign-On サーバへの管理者アクセス権のあるすべてのユーザーが含まれます。最初は、管理者ユーザーのみが定義されています。

ネイティブの Active Directory (統合 Windows 認証) のドメインや OpenLDAP ディレクトリ サービスなど他の ID ソースを追加するには、vCenter Single Sign-On ID ソースの追加 を参照してください。

次のタスク

2 番目の vCenter Single Sign-On インスタンスのアップグレード高可用性のための追加 vCenter Single Sign-On サーバのアップグレード を参照してください。