コールド移行でアップグレードを行う際には、新しいホストに移動する仮想マシンをパワーオフまたはサスペンドします。コールド移行を使用して仮想マシンを移動する場合は、仮想マシンでより多くのダウンタイムが必要になります。

始める前に

  • 1 つ以上のマシンが ESXi 5.5 の要件を満たしていることを確認します。

  • 空のホスト ストレージに本番稼働仮想マシンの一部を保持するのに十分な容量があることを確認します。ストレージに、移行するすべての仮想マシンを保持できる容量があることが理想的です。この余分なストレージにある仮想マシン用の容量が大きいほど、すべての仮想マシンを移行するまでに必要な操作が少なくなります。

  • 環境内に vCenter Guided Consolidation が存在する場合は、アップグレード前にアンインストールします。

  • Host Agent Pre-Upgrade Checker を実行します。vCenter Host Agent Pre-Upgrade Checker の実行 を参照してください。

  • vCenter Server をバージョン 5.5 にアップグレードします。vCenter Server のアップグレード を参照してください。

  • バージョン 5.5 vSphere Web Client をインストールします。vSphere Web Client のインストールまたはアップグレード を参照してください。

  • 環境に vCenter Update Manager がある場合、それを最新バージョンにアップグレードします。

このタスクについて

このシナリオでは、ホストに vMotion 機能がないことを前提にしています。

コールド移行を使用したアップグレードは、ESX 4.x より前のバージョンからアップグレードするなど、複数の手順でのアップグレードが必要な場合に便利です。

手順

  1. ESXi 5.5 ホストを vCenter Server 5.5 に追加します。
  2. ESX 4.x/ESXi 4.x ホストを vCenter Server 5.5 に追加します。
  3. ESX 4.x/ESXi 4.x ホスト上にある仮想マシンをパワーオフまたはサスペンドします。
  4. 仮想マシンを ESXi 5.5 ホストに移動します。

次のタスク

移行アップグレードでは、すべてのホストおよび仮想マシンについて、次の作業を行います。

  • 仮想マシンをアップグレードします。仮想マシンと VMware Tools のアップグレード を参照してください。

  • 製品のライセンスをアップグレードします。

    1. 新しいライセンス キーを、E メールで、またはライセンス ポータルを使用して入手します。

    2. vSphere Web Client を使用して、資産に新しいライセンス キーを割り当てます。