一度につき 1 つの添付されたアップグレード ベースラインを基準に、ESX/ESXi ホストを修正できます。ESXi 5.5 イメージを含んだ単一のアップグレード ベースラインを使用して、vSphere インベントリ内のすべてのホストをアップグレードまたは移行することができます。

始める前に

Update Manager が登録されている vCenter Server システムに vSphere Client を接続します。使用している vCenter Server システムが vCenter リンク モードの接続グループの一部である場合は、ナビゲーション バーで該当する vCenter Server システムの名前を選択して、Update Manager インスタンスを指定します。

アップグレード ベースラインを基準にホストを修正するには、ホストにそのベースラインを添付します。

アップグレードの詳細 ウィンドウでスキャン メッセージを確認し、ESXi 5.5 へのアップグレードまたは移行を妨げる可能性のある、ハードウェア、サードパーティ製ソフトウェア、および構成の潜在的な問題がないか確認します。

このタスクについて

注:

または、ベースライン グループを使用してホストをアップグレードすることもできます。ベースライン グループを基準にしたホストの修正を参照してください。

Update Manager 5.5 では、ESXi 4.x、ESXi 5.0、および ESXi 5.1 から ESXi 5.5 へのアップグレードおよび ESX 4.x から ESXi 5.5 への移行をサポートします。Update Manager を使用して、ESX 3.x から ESX 4.x にアップグレードされたホストを ESXi 5.5 にアップグレードすることはできません。このようなホストには、/boot パーティションに Update Manager のアップグレード プロセスをサポートするための十分な空き容量がありません。代わりにスクリプトによるアップグレードまたはインタラクティブ アップグレードを使用してください。

ホストをアップグレードまたは移行するには、VMware から VMware-VMvisor-Installer-5.5.0-build_number.x86_64.iso 形式の名前で配布されている ESXi インストーラ イメージ、または Image Builder を使用して作成されたカスタム イメージを使用します。

注:

ESX/ESXi 4.x、ESXi 5.0 または ESXi 5.1 から ESXi 5.5 へのアップグレードまたは移行に失敗した場合に、以前の ESX/ESXi 4.x、ESXi 5.0 または ESXi 5.1 インスタンスにロールバックすることはできません。

手順

  1. vSphere Clientホーム ページで、ホストおよびクラスタ を選択して Update Manager タブをクリックします。
  2. 修正するインベントリ オブジェクトを右クリックし、修正 を選択します。

    コンテナ オブジェクトを選択する場合、選択したオブジェクトのすべてのホストが修正されます。

  3. 修正ウィザードの修正の選択ページで、適用するアップグレード ベースラインを選択します。
  4. (オプション) : 修正するホストを選択し、次へ をクリックします。

    1 台のホストを修正し、コンテナ オブジェクトは修正しない場合、そのホストはデフォルトで選択されます。

  5. エンド ユーザー使用許諾契約書ページで条項に同意して、次へ をクリックします。
  6. (オプション) : ESXi 5.5 のアップグレード ページで、インストールされているサードパーティ製ソフトウェア モジュールのうち、アップグレードとの互換性がないものを削除し、ホスト上のサポートされていないデバイスについての警告を無視するオプションを選択して修正を続行します。

    ホストにインストールされているサードパーティ製モジュールに、アップグレードとの互換性がないものがほかにもある場合、アップグレードの修正は成功しません。対応する VIB を持たない ESXi イメージを使用して、サードパーティ製モジュールが含まれる ESX/ESXi ホストの ESXi 5.5 へのアップグレードを続行するには、これらのホスト上にあるサードパーティ製ソフトウェアの削除を選択する必要があります。

    注:

    ESXi 5.0、ESXi 5.1、および ESXi 5.5 ホストは、バイナリ互換性があります。ESXi 5.0 または ESXi 5.1 ホストのハードウェアまたはサードパーティ製モジュールは、 ESXi 5.5 へのアップグレード後も影響を受けません。

  7. 次へ をクリックします。
  8. スケジュール設定ページで、タスクの一意の名前と説明(説明は任意)を入力します。
  9. ただちに を選択してウィザードを完了した直後に処理を開始するか、修正処理を開始するタイミングを指定して、次へ をクリックします。
  10. ホストの修正オプション ページの パワー状態 ドロップダウン メニューで、修正するホストで実行されている仮想マシンおよび仮想アプライアンスのパワー状態の変更を選択できます。

    オプション

    説明

    仮想マシンのパワーオフ

    修正を行う前に、すべての仮想マシンと仮想アプライアンスをパワーオフします。

    仮想マシンのサスペンド

    修正を行う前に、すべての実行中の仮想マシンと仮想アプライアンスをサスペンドします。

    仮想マシンのパワー状態を変更しない

    仮想マシンおよび仮想アプライアンスを現在のパワー状態のままにします。

    ホスト上の仮想マシンがパワーオフまたはサスペンドの状態になるか、DRS クラスタ内のほかのホストに vMotion で移行されない限り、ホストはメンテナンス モードを開始できません。

    アップデートの一部には、修正の前にホストをメンテナンス モードにすることを要求するものがあります。ホストがメンテナンス モードのとき、仮想マシンおよび仮想アプライアンスは実行できません。

    仮想マシンの可用性を犠牲にしてホスト修正時のダウンタイムを短縮するには、修正の前に仮想マシンおよび仮想アプライアンスをシャットダウンまたはサスペンドするように選択できます。DRS クラスタで仮想マシンをパワーオフしない場合は修正に時間がかかりますが、仮想マシンが vMotion によってほかのホストに移行されるため、修正プロセスの全期間にわたって仮想マシンが使用可能になります。

  11. (オプション) : 失敗した場合はメンテナンス モードの開始を再試行 を選択し、再試行の回数を指定して、次の再試行までの待機時間を指定します。

    再試行遅延時間の経過後、Update Manager が再度ホストをメンテナンス モードにしようと試みます。これは、再試行回数 フィールドで指定された回数によって実行されます。

  12. (オプション) : ホスト上の仮想マシンに接続されているすべてのリムーバブル メディア デバイスを無効にします を選択します。

    Update Manager は、CD ドライブ、DVD ドライブまたはフロッピー ドライブが接続されている仮想マシンが配置されたホストを修正しません。クラスタ化された環境では、接続されているメディア デバイスと同じデバイスまたはマウントされた ISO イメージがターゲット ホストにない場合に、それらのメディア デバイスによって vMotion が使用できなくなる場合があり、その場合、ソース ホストがメンテナンス モードを開始することもできません。

    修正後に、取り外し可能なメディア デバイスがまだ利用できる場合は、Update Manager はそれらのデバイスを再接続します。

  13. 次へ をクリックします。
  14. クラスタ修正オプションを編集します。

    クラスタ修正オプション ページを使用できるのは、クラスタのホストを修正する場合のみです。

    オプション

    詳細

    選択したクラスタのいずれかで DPM (Distributed Power Management) が有効になっている場合は無効にする

    Update Manager は、DPM がアクティブになっているクラスタを修正しません。

    DPM は、クラスタ内で実行中の仮想マシンのリソース使用状況を監視します。十分に余分な容量がある場合、DPM は、クラスタ内のほかのホストへ仮想マシンを移動して、元のホストをスタンバイ モードにして節電することを推奨します。ホストをスタンバイ モードに切り替えると、修正が中断する場合があります。

    選択したクラスタのいずれかで High Availability のアドミッション コントロールが有効になっている場合は無効にする

    Update Manager は、HA のアドミッション コントロールがアクティブになっているクラスタを修正しません。

    アドミッション コントロールは VMware HA が使用するポリシーです。これにより、クラスタ内のフェイルオーバーのキャパシティが確保されます。修正時に HA のアドミッション コントロールが有効になっている場合、クラスタ内の仮想マシンが vMotion で移行されない場合があります。

    選択したホストの仮想マシンでFault Tolerance (FT) が有効になっている場合は無効にする

    ホスト上のいずれかの仮想マシンで FT がオンになっている場合、Update Manager はそのホストを修正しません。

    FT を有効にするには、プライマリ仮想マシンとセカンダリ仮想マシンが実行されているホストが同じバージョンで、それらのホストに同じパッチがインストールされている必要があります。それらのホストに異なるパッチを適用すると、FT を再度有効にすることができません。

    選択したクラスタ内にあるホストの並行修正を有効にする

    クラスタ内の各ホストを並行修正します。この設定が選択されていない場合は、Update Manager はクラスタ内の各ホストを順次修正します。

    設計上、Virtual SAN クラスタの 1 台のホストのみをいつでもメンテナンス モードにすることができます。Update Manager は、Virtual SAN クラスタの一部であるホストを並行して修正するオプションを選択した場合にも、これらのホストを順次修正します。

    デフォルトでは、Update Manager は、DRS 設定に影響を与えずに同時に修正できるホストの最大数を継続的に評価します。同時に修正されるホストの数は、特定の数に指定できます。

    注:

    Update Manager は、仮想マシンがパワーオフ状態またはサスペンド状態のホストのみを同時に修正します。ホストの修正オプション ページのメンテナンス モードの設定ペインにある 電源状態 メニューから、仮想マシンをパワーオフまたはサスペンドするように選択できます。

    ホストをメンテナンス モードにする必要がある場合は、パワーオフおよびサスペンド状態の仮想マシンをクラスタ内のほかのホストに移行する

    Update Manager は、サスペンド状態およびパワーオフ状態の仮想マシンを、メンテナンス モードに切り替える必要があるホストから、クラスタ内のほかのホストに移行します。修正を行う前に、メンテナンス モードの設定ペインで仮想マシンをパワーオフまたはサスペンドするように選択できます。

  15. (オプション) : クラスタ修正オプション ページで レポートの生成 をクリックしてクラスタ修正オプションのレポートを生成し、次へ をクリックします。
  16. 終了準備の完了ページで 終了 をクリックします。

注:

[最近のタスク] ペインに、修正タスクが表示され、プロセスは多くの場合、約 22 % で維持されます。プロセスはまだ実行中で、完了までにおよそ 15 分かかります。