リンク モード グループを構成する前に、いくつかの課題について考慮します。

リンク モード グループを構成する前に、次の課題を考慮します。

  • バージョン 5.x の vCenter Server がリンク モード グループの一部である場合、アップグレードしてもグループから除外されません。5 以前の vCenter Server がリンク モード グループの一部である場合、アップグレードするとグループから除外されます。vCenter Server は、バージョン 5.0 およびそれより以前のバージョンの vCenter Server の両方を含むリンク モード グループはサポートしていません。同様に、vCenter Server は、異なる 5.x バージョンの vCenter Server または異なるバージョンの vCenter Single Sign-On を含むリンク モード グループをサポートしていません。リンク モード グループのすべての 5.x vCenter Server および vCenter Single Sign-On インスタンスを同じ 5.x バージョンにアップグレードすると再び参加できます。

  • vCenter Server のユーザーは、それぞれ有効な権限を持っている vCenter Server インスタンスを表示できます。

  • vCenter Server リンク モード グループを設定するときは、最初の vCenter Server をスタンドアロン インスタンスとしてインストールする必要があります。これは、参加させるリモート vCenter Server マシンがまだないからです。以降、vCenter Server インスタンスは、最初の vCenter Server インスタンスまたはリンク モード グループに参加している別の vCenter Server インスタンスに参加できます。

  • ドメインに含まれないスタンドアロン インスタンスに vCenter Server を参加させる場合は、スタンドアロン インスタンスをドメインに追加し、管理者としてドメイン ユーザーを追加する必要があります。

  • リンク モード グループ内の vCenter Server インスタンスに、同じドメイン ユーザーでログインする必要はありません。インスタンスは、異なるドメイン アカウントで実行できます。デフォルトでは、インスタンスは実行されるマシンの LocalSystem アカウントとして実行されるため、アカウントがそれぞれ異なります。

  • vCenter Server のインストール中に、vCenter Server のリモート インスタンスの IP アドレスを入力した場合、インストーラによって完全修飾ドメイン名に変換されます。

  • 注意:

    リンク モード グループの複数のメンバーに vCenter Server をアンインストールおよび再インストールする必要がある場合、一度に 1 つの vCenter Server について行ってください。リンク モードの複数の vCenter Server に対して同時にアンインストール、再インストールすることはサポートされていません。実行した場合、vCenter Server が vCenter Inventory Service に接続できなくなる恐れがあります。リンク モードの複数の vCenter Server に対して同時にアンインストールしたり再インストールしたりする必要がある場合は、まず、リンク モード グループから分離し、再インストールが完了してから再びリンク モード グループに参加させます。